30年続いているわたしの便秘改善の習慣。それは

2018-04-16
リンク

こんにちは。アレルギー体質と付き合って約半世紀、看護師歴14年のちいです。
色々な腸活を試してきましたが、実は長く続いている腸活習慣が1つあります。

連載「アレルギーと肥満に悩む看護師の腸活記録 」

記事一覧をみる
イラスト:キリ

30年続く習慣。それは朝起きた時のバナナ

それは毎朝必ず食べる1本のバナナです。 これは社会人になって職場の人達と便秘談義をした時に教えてもらったのがきっかけだったと思います。 効果があると感じたからなのでしょうか、30年位は続けています。 毎朝、1本、朝起きたらまずバナナを食べます。それと温かいコーヒー入りの豆乳。 便秘に効くと聞き温かい紅茶にしたこともありましたが、多少便秘に効いたかもしれませんが5年くらいで終わりました。紅茶を入れるのが面倒くさくなって。 バナナは毎日食べると買いにいくのと保存するのが少し大変ですね。 安くて美味しいバナナを売っている八百屋さんを何件かチェックしておきますが、買いに行けるタイミングと冷蔵庫のバナナがなくなるタイミングをいつも計算してます。 買いに行った時にいつでも安くて美味しいバナナが置いてあるとも限らないし。 一時朝バナナダイエットなるものが流行った時は店頭からバナナが消えましたし、一昨年くらいでしたか、フィリピンでバナナの木に病気が流行り輸入が制限された時も買うのが大変でした。 バナナは安くて美味しそうな物が売られてる時にまとめて買います。1日1本と決めて食べています。冷蔵庫で保存すれば皮は黒くなってしまいますが、中身はしばらく美味しくいただけます。

バナナは栄養価満点で、安くて美味しいスーパーフード

バナナは栄養価も高く、ブドウ糖・ショ糖等の多くの糖質をバランスよく含み、ビタミンB1・B2・Cや鉄分・カルシウム等も豊富です。 様々な栄養素がバランスよく含まれているので、即効性の高いエネルギー補給とエネルギーの持続性が期待できます。 マラソン大会の朝だけ摂る一人もいますね。 今はバナナだけが便秘解消の食べ物にはなれませんがやめることもできないという私にとっては安くて美味しいスーパーフードなのです。 またビタミン類が多く含まれているので美肌作りにも役立ちアンチエイジングや美容にも良いと言われています。 更に、ポリフェノール等の抗酸化物質作用、オイゲノールという免疫反応を調整する作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用もありアレルギー体質の私には最適のスーパーフードであることも最近知りました。

玄米食も試したけど……

実は、社会人になって初めて挑戦した便秘対策は玄米食でした。 しかし何の効果も感じられなかったし、玄米が白米よりかなり高価だったため終了しました。 便秘症の私に玄米が合わなかった理由は以前ウントピの記事で知ることができました(^^;; 今の主食は、米5:玄米3:押麦1:きび、粟等のちいさいプチプチ1の雑穀米にして炊いて食べてます。時々小豆サツマイモ等が入る事もあります。 なんの根拠もない割合と内容ですが、身体に合っているようで10年以上続けています。この先、安くて身体に良い穀物が見つかったらこれに追加で混ぜるかもしれませんね。 押麦は、そのままでは水を吸収しにくく調理に手間がかかる大麦を蒸し、加圧して平らにしたものです。 栄養的には食物繊維が特に豊富で、便秘、肥満、糖尿病の予防・改善に役立ちます。ミネラルではカリウム、カルシウムが豊富で血圧を下げ、女性に多い骨粗しょう症の予防にも役立つそうです。

看護師のわたしの腸活食は……

今は看護師ですので、勤務形態には日勤・夜勤とあります。 日勤の時は 朝はバナナと豆乳コーヒー(冬はココア) 気分でパン、シリアル入りヨーグルト、前日の残り物の野菜の料理した物等が追加されることもあります。 昼はお弁当を持っていきます。 炊いた雑穀米のおにぎりと休みの日に作り冷凍しておいた野菜たっぷりのスープや炒め物のおかず。 夜は毎日スポーツクラブに行くので、帰りが遅いので食事というより夜食。 甘酒にきな粉を混ぜたものを飲みます。主食はたべませんが、気分で野菜サラダや枝豆、納豆等食べちゃう事もあります。甘酒だけなら痩せるんだけど……。

少食体質で、3食しっかり食べられない

休みの日は野菜たっぷりの料理を沢山作ります。 その時に食べるのとお弁当用に冷凍しておくものを作ります。 なんか食事が少ない感じがすると思うでしょうが、若い頃からダイエットばかりしていたので身体が飢餓に慣れてしまい少ない食事で生きれる人になってしまいました。 低燃費で生きてます。 しかも薄味仕立てなので血圧も驚く程低いです。 そんな食生活が基本ですので、実は、誰かと何日か一緒に行動って苦手で、特に食事が辛いですね。たとえば、バイトで修学旅行の添乗看護等しますが、食事が3食出されるのが苦痛だったり……。 そういう自分の食生活スタイルからしても、朝のバナナは、忙しいときでも取れるスーパーフードです。
この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る