食物繊維たっぷりの「フルグラ®」と「ビヒダス」の黄金コンビで満点朝食を!

2018-07-03
リンク

連載「腸活ニュース 」

記事一覧をみる

快便のみならず、健康を維持するためには腸内環境がカギを握っていることが近年の研究で明らかになってきています。
ヒトの腸内には約100兆個もの腸内細菌 が生息していてその内訳は個人によって全く異なっており、その分布の様子はお花畑になぞらえて「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。

この腸内フローラをよりよい状態に保つために、積極的に摂りたい栄養素が乳酸菌やビフィズス菌、そして食物繊維です。
乳酸菌やビフィズス菌はもともと腸内にも生息しており、腸内環境を良好にする「善玉菌」として知られています。さらに食品から摂取すると腸内の善玉菌のエサとなって活動を助け、ぜん動運動を活発にして老廃物の排泄をサポートしてくれます。
また、食物繊維も善玉菌のエサとなってその活動を助けたり、便を柔らかくしたり、カサを増して排出しやすくしたりと、腸内環境改善には欠かせません。

そんなビフィズス菌・乳酸菌と食物繊維を美味しく手軽にたっぷり摂ろう! というキャンペーンが森永乳業とカルビーのコラボレーションで誕生しました。
その名も「あさグラ!にヨーグルトで腸内フローラケア」。

カルビーの「フルグラ®」は、オーツ麦やライ麦を原料としたグラノーラ生地をシート状にして焼き上げ、粉砕することで生まれる独特のザクザク食感にドライフルーツの自然な甘みがミックスされています。
食物繊維がたっぷり、 さらに各種ビタミン・ミネラルも豊富に含まれています。

一方、森永乳業の「ビヒダス」は酸や酸素に強く、生きたまま大腸に届く独自のビフィズス菌「BB536」やカルシウムが含まれており、酸味を抑えたまろやかな味が人気です。

この2つを組み合わせて摂ることで、「フルグラ®」に含まれる水溶性食物繊維が「ビヒダス」に含まれるビフィズス菌のエサとなって働きを助け、相乗効果で腸内環境を健やかに保ってくれるつのです。

朝食の重要さは分かっていても、忙しいとなかなかゆっくり支度できなかったり、食べている時間がなかったり。
でも、調理いらずで器に盛るだけでOKなこの黄金コンビなら、忙しい朝の食卓にぴったり。
一食分の目安量フルグラ50g、ビヒダス200gで、一日に必要な食物繊維の24%、カルシウムなら38%、鉄分はなんと74%も摂ることができます。

特設サイトで紹介されている2商品を使用したレシピの一例
特設サイトで紹介されている2商品を使用したレシピの一例

「あさグラ!にヨーグルトで腸内フローラケア」の特設サイトでは2商品の特徴や栄養素についてわかりやすく紹介するとともに、2商品を使った1週間のレシピも公開中。
今後はスーパーなどの売り場で2商品を一緒にPRしたり、共同試食販売を実施していく予定だそうです。

さらに、7月23日からは「ビヒダス×フルグラ 家族で満点朝食キャンペーン」として、商品についている応募券などを集めて応募すると、フルグラ&ビヒダスヨーグルトを家族で仲良く楽しく食べられるグッズなどが抽選で当たるキャンペーンも展開予定です。

「フルグラ×ビヒダス」で美味しくてヘルシー、そして手軽な朝食。 この機会にぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

参考文献

参考サイト

カルビー フルグラ(最終アクセス2018年6月25日)

http:// www.calbee.co.jp/frugra/

 

森永乳業 ビヒダスヨーグルト(最終アクセス6月25日)

http://bifidus.jp/

 

『カルビー』と『森永乳業』によるコラボレーション(最終アクセス6月25日)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000210.000021580.html

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る