今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

【図解】うんちは何でできている?

うんちが何でできているか知っていますか?

突然ですが、うんちの中身って知っていますか? 「え?食べたもの」って思っていませんか? もちろんそれも含まれますが、でも、ほとんどが違うものなのです。

通常のうんちの80%は水分

体調によってうんちの固さが変わる……というのは経験がありますよね。 でも、柔らかいのと硬いのでは実際のところ、どれくらい違うかご存知ですか?? うんち博士こと辨野義己先生の本によると、 通常のうんちでも水分量は80%下痢で90%。コロコロで固い……といっても70%は水分なんだそうです1)
特にコロコロウンチで70%は水分がある……なんて驚きです。 じゃあ、水分以外は何からできているのしょう? 「食べ物の残りカスでしょ?」って思いますよね。 もちろんそうです。でも、全部がそうではありません。 ……ではなにか? うんち博士こと辨野義己先生の本によると、通常のうんちの水分は80%。 「じゃあ、残りの20%が、食べかすでしょ?」かと思えばそうでもないそうです。

食べたものの残りは、実は6〜7%

実は、食べかすはわずか6〜7%。 その他、腸粘膜(大腸や小腸の粘膜がはがれたもの)が、6〜7%。 腸内細菌が6〜7%なんだそうです! ちなみに腸内細菌は、うんち1グラムの中に、6000億〜1兆個いて、腸内には1,000種類以上棲んでいるそうです!! ちょっと想像できない数ですね。そして、この腸内細菌の構成比率やバランスは、体調にもすごく影響してくるんだそうですよ。まさに体内の神秘!って感じですね。

参考文献

1) 辨野義己 : 小宇宙をあやつる腸内細菌, 免疫力は腸で決まる!. 東京, KADOKAWA/角川学芸出版, 2015.2) 辨野義己 : 腸内細菌のバランスがよければ体調は整う, 腸をダマせば身体はよくなる. 東京, SBクリエイティブ, 2014.

この著者の他の記事を読む