私が夏によく作る「うんちどっさりレシピ」

2016-09-04
リンク

連載「目指せ腸!美人フン闘記 〜miniのうんちがたくさん出る方法〜 」

記事一覧をみる
目指せ腸!美人フン闘記 〜miniのうんちがたくさん出る方法〜

"便秘"と付き合って4年目30歳女子miniです。

今年の夏も暑いですね。夏が大好きな私ですが、それでも暑すぎる日は「何にも食べる気にならないな」と思う日があります。
ただ何にも食べないと夏バテにもなるし、何より私が怖いのは「うんちが出なくなる」事です。その理由は前回少しお話しましたが、私は4年前ダイエットを行いました。「食べたら太る」という言葉が脳内を占領し、極端な減食をした結果、ダイエットには成功しましたが引き換えに便秘になりました。

そんなダイエット中のある日、何気なく排便後に体重を計ったら体重が減っている事に気づきました!これが私がうんちに興味を持ち始め「うんちを出して楽してダイエット」を始めたキッカケです。

第1話:便秘と付き合って4年目。便秘になったきっかけはダイエット……もご覧ください!

それ以降、食事の内容によってうんちの出る量は変わるのかな?と気にするようになりました。
そしてうんちの量は「食べた量」でなく「食事内容」によって変わるのではないかと気づきました。

①1番どっさり感を感じた時の食事内容
朝:ヨーグルト+フルーツ、もち麦のおにぎり、味噌汁
昼:おにぎり、鶏むね肉のサラダ、味噌汁
晩:冷しゃぶサラダ、味噌汁

②満足感を得られなかった時の食事内容
朝:グラノーラ
昼:ラーメン、餃子
夜:オムライス、パン、スープ

満腹感も体重が増加したのも②でしたが、うんちの量が多かったのは①でした。
②の翌日は「あれだけ食べた物はどこいった?」と焦る程うんちが出ませんでしたが、①の翌日は「こんなに出るの?!」と驚くほど出ました。食事内容を見てみると①ではサラダ等の野菜類+ヨーグルトや味噌など発酵食品を多く摂っていました。(このコンビ、実は夏バテ解消にも効果的だとか!)
昔の私なら増えてしまった体重を取り戻そうと翌日絶対に断食とか無理をしていましたが「うんちを出して楽してダイエット」を始めてからは①の内容を意識した食事をしています。

そこで今回は私が夏によく作る「うんちどっさりレシピ」をご紹介します!
韓国の友達から教えてもらった本場『水キムチ』です。
冷たい食べ物ですが、汁にたくさんの乳酸菌が含まれていて胃腸にも優しく夏にピッタリ!

野菜は冷蔵庫の残り物でOK♪
材料:白菜、人参、大根、長ネギ、ニンニク、生姜、果物(りんご、すいか等)
※クコの実や松の実は、美白効果が期待されるのであると◎

1、 野菜をカットし、白菜と大根を分けてボールにいれ、塩で漬ける。白菜は少なくとも6時間、大根は1~2時間漬けておく。
2、1の野菜をよく洗い水気を切る。
3、白菜と大根が半分浸る位の水に大さじ1の塩と小さじ1の砂糖をいれる。
4、その他材料を3に入れ、発酵を進める為に、上新粉(小麦粉)を水2に対して1の割合で火にかけ、冷めた後に投入。(3~4時間で完成)この時点でしょっぱいと感じたら水を加えて薄めます。
数日おいて発酵させると更に美味くなります!温かいご飯にかけて召し上がれ♪

水キムチ
©mini

夏真っ盛り!楽しい夏を過ごしましょう!

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る