おしりが痛いから、優しいトイレットペーパー探してみた

2017-05-09
リンク
こんにちは、ウンログ編集部の梅原しおりです。 あなたは、外のトイレで硬いトイレットペーパーに出会ったことはあるだろうか。 まさに“紙”だな!と言えるような、カチカチのトイレットペーパーにわたしは幾たびも出会っている。きっとコスト削減のため、硬いトイレットペーパーにせざるをえないのだろう。 外で排便をしたときに、その硬いトイレットペーパーに出会ってしまったときは辛い。
痛い。切れそう。それ以外の感想がない。 これで切れ痔になった人はいるのではないか、と思うくらいである。 先にウォシュレットでおしりを洗浄しておいたら、硬いトイレットペーパーでも拭きやすくなるだろう。しかし、わたしは衛生面が気になるので、自宅以外のウォシュレットは使いたくない。 硬いトイレットペーパーとの戦いを繰り広げるソルジャーは他にもいるはずだ。

おしりに優しいトイレットペーパー

2017年2月に行われたウンログ腸査で、痔に悩むユーザーが多くいることが明らかになった。 痔持ちのウンログユーザーが、硬いトイレットペーパーに出会ったとき、どんなに辛い気持ちになるのかを想像したら、わたしは悲しくなる。 ウンログユーザーに、快適な快便ライフをおくってもらいたい。 それをキッカケに、おしりに優しいトイレットペーパーを探しはじめ、たどり着いたのが王子ネピアのおしりセレブである。 なんだか聞き覚えのある名前。 そう。おしりセレブとは、鼻セレブを筆頭に王子ネピアが商品を展開しているセレブブランドシリーズのひとつである。
写真提供:王子ネピア株式会社
かわいい動物のパッケージ写真が特徴的で、上質な素材でつくられており、お肌に優しさを感じられるシリーズだ。 おしりセレブは、ロールタイプとウェットタイプの2種類がある。 今回はおしりセレブWETの開発経緯について、おしりセレブWET開発担当の酒井さんにお話を伺った。

濡れたシートが大活躍している現代

紙おしぼり、お掃除シート、ウェットティッシュ 、汗拭きシート、赤ちゃんのおしり拭き…。 現在、“濡れたシート”は生活のなかで大活躍している。 ごはんを食べる前は、手を洗いたい。たとえ手が洗えない環境にいたとしても、紙おしぼりがあれば手洗いの役目をはたす。 汗をかいてベトベトと気持ち悪いときは、汗拭きシートを使うとシャワーを浴びたようにスッキリする。手元に汗拭きシートがなくてもコンビニに駆けこめば、すぐに買うこともできる。 わたし達の不快感を取りのぞくために、身近に“濡れたシート”は溢れている。 しかし、その中で大人のおしりを拭くものはなかった。 あなたは、排便後におしりを“濡れたシート”でキレイにすることを想像できないかもしれないが、水でおしりをキレイにすることは安易に想像できるはずだ。 なぜならば、2016年3月に行われた内閣府の消費動向調査によると、81.2%の家庭にウォシュレット(洗浄便座)が普及しているからである。 今や外に出かけると、どこのトイレにもウォシュレットがついており、日本人の生活に馴染んできていることがわかる。 その反面、衛生面を気にする人も多い。家のウォシュレットしか使えない、そんな声もよく聞く。 日常生活に馴染んでしまったために生まれた、ウォシュレットが使えないことによるおしりの不快感。 ウォシュレットが使えなくても、キレイにおしりを拭けるように。 水でとりきれない小さな汚れも、キレイに拭きとれるように。 そんな想いのもと、おしりセレブWETは誕生した。
写真提供:王子ネピア株式会社

日本の高い技術により完成したおしりセレブ

セレブブランドシリーズの前提は、優しさと柔らかさが感じられる上質な肌触りであること。そして、おしりセレブの最大の特徴は、トイレに流せることである。 素人目には簡単なようにみえるが、肌への優しさと容器からの取り出しやすさ、トイレに流せるか否かのバランスが難しい。 素材に水分を含ませすぎると、柔らかくなりすぎて容器から引き出す際に破れてしまう。かといって、素材を固くして取り出しやすくすると、おしりに優しくない。そのうえ、トイレに流すことのできる基準を満たさない。 ちなみに、あなたはトイレに流せる基準をご存知だろうか。 流せないもののひとつ、ティッシュペーパーを思い出せば分かりやすい。 水で分解される性質を持たないので、鼻をかんだ時に大量の鼻水が出てしまっても心配ご無用。ティッシュペーパーには鼻水を包み込む力がある。 一方、トイレットペーパーはどうだろう。トイレットペーパーをティッシュペーパーの代わりに使ったことがある人は分かるかもしれないが、水に触れるとバラバラに細かくなってしまう。
この水で分解されるかどうかが非常に重要で、トイレの排水管に詰まってしまうのを防ぐ働きをしている。
トイレットペーパーと同様におしりセレブWETも水で分解される性質を持つ。 おしりセレブWETの優しさは、何度も開発をくり返し、試行錯誤を重ね、限界まで研究されてようやく完成したのである。 絶妙な湿り具合、ふんわりと柔らかい肌触り。 おしりセレブWETはウォシュレットだけでは落としきれない汚れまで、しっかりとキャッチしてくれる。使ってみると、トイレットペーパーだけではキレイにおしりが拭けていなかった、ということが発覚するかもしれない。 また、肌触りだけでなく、サイズにも開発者のこだわりがある。 おしりセレブWETはトイレットペーパーより少し小さい幅になっており、重ねて使用する際に、はみ出さないような作りになっているため、無駄なくおしりを拭くことができる。
硬いトイレットペーパーに出会ったときも、痛みを覚悟する必要はない。おしりセレブWETが優しくおしりを包みこんでくれるのだ。

おしりの悩み、ひとりで抱え込まないで

もしあなたが排便後に出血したら、すぐ病院にいくだろうか。 「たまたま血がでたのかな?」 「すぐに治るだろう」 そう思う人が多いのではないだろうか。事実、わたしがそうであった。 わたしは、排便後に何回か出血したことがあるが、ハッキリ言って何もしていない。切れ痔かな?とも考えたが、激しい痛みを感じないし、病院にいくほどでもないな…と思っていた。 特に女性は、月経で血がでることに慣れているため、切れ痔に対してある意味寛容なのではないかと思う。 また、男女問わず、痔を「恥ずかしい」と思い、病院に行けない、薬局で薬も買いにくいという人もいる。 おしりの悩みは人に相談しにくく、一人で抱え込みやすいが、そんな人にこそおしりセレブWETを届けたい、と酒井さんは話す。 肛門は、排便をする場所であるので細菌が繁殖しやすく、痔の悪化を防ぐためには清潔にしなければならない。もし、自分は痔かもしれないと悩んだ時は、おしりセレブWETでいつもより清潔にし、今後どう治していくのかを考えるのもいいだろう。 おしりを清潔にしたい人だけでなく 硬いトイレットペーパーに出会った人、外のウォシュレットを使いたくない人、産後の出血に悩む人、月経中に不快感を感じる人も。 おしりセレブWETがみんなの悩みを優しく包みこんでくれる。 酒井さんのお話を通し、日本ならではの高い技術力、使用者を思いやる細部のこだわりがおしりセレブWETから感じられた。日本はトイレの先進国だと言えよう。
この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る