森永乳業の『シールド乳酸菌®』が米国でGRAS認証を取得

2018-08-11
リンク

森永乳業が長年の研究から発見した菌株の中から選ばれた、免疫力を高める働きをもつ乳酸菌株「シールド乳酸菌®」が、米国の食品安全に関する認証制度であるGRAS認証を取得しました。米国で食品素材を販売するために必要なGRAS認証を取得したことにより、米国市場での販路拡大が期待されます。

連載「腸活ニュース 」

記事一覧をみる

米国をはじめ海外市場の開拓に期待

この度、森永乳業がこの「シールド乳酸菌®」が国際的に広く認知されている米国の食品安全に関する認証制度GRAS(Generally Recognized as Safe)を取得したことを発表しました。
それは「シールド乳酸菌®」の安全性が評価されることで、米国での販路が開かれたことを意味します。

日本国内ではすでに森永乳業のデザートや流動食のみならず、お菓子やみそ汁などさまざまな食品でも利用できる乳酸菌として250社以上の企業が取り扱っていますが、今後は米国をはじめとした海外のプロバイオティクス・プレバイオティクス市場でも販路拡大が期待されています。

参考文献

参考サイト

「シールド乳酸菌®(Lactobacillus paracasei MCC1849株)」米国でGRAS認証を取得

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000226.000021580.html (最終アクセス2018年7月28日)

シールド乳酸菌のひみつ

http://www.morinagamilk.co.jp/sozai/shield/index.html#shield(最終アクセス2018年7月28日)

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る