トイレットペーパーで大腸がん撲滅!!トイレで大腸がん検診啓発運動

2018-05-15
リンク

連載「腸活ニュース 」

記事一覧をみる

2人に1人が、がんに罹患する!?

生涯、がんになる可能性は男女ともに2人に1人と言われています。
その中でも、大腸がんは、日本におけるがん死亡率のトップ3に入っており、

男性の場合
1位肺がん、2位胃がん、3位大腸がん

女性の場合
1位大腸がん、2位肺がん、3位すい臓がん
となっています。

生涯で大腸がんに罹患する確率は、男性で11人に1人、女性で14人に1人となっており、非常に高い確率となっています!!

大腸がん検診の受診率は低い

国が「がん対策推進基本計画」で掲げる目標は50%以上ですが、実際の大腸がん検診の受診率は41.4%と目標以下となっています。
大腸がんは早期発見・早期治療で95%以上が治癒すると言われています。

大腸がんで亡くなる方をひとりでも減らしたい

「NPO法人ブレイブサークル運営委員会」は大腸がんで亡くなる方をひとりでも減らしたいと願い、2013年からロール面に大腸がんや検診に関する説明イラストを印刷した「大腸がん撲滅トイレットペーパー」を販売してきました。
この度、さらなる啓発の向上を目指し、内容を変更したそうです。

大腸がん撲滅トイレットペーパーのロール面

<デザイン改定のポイント>
●照明を抑えたトイレ内で使用することを想定し、大腸がんに関するメッセージを大きな文字とイラストでトイレットペーパーのロール面に記載しています。
●大切なメッセージが目立つよう、文字にメリハリをつけました。
●ロールは個別包装となっており、包装紙にも大腸がん検診を呼びかけるメッセージを目立つように配置しています。予備としてトイレの個室に設置してもメッセージが届くようにしています。
●健康系イベント等でノベルティとして配布いただけます。


トイレ内でトイレットペーパーは必ず使用するため、自然と視線が向かいます。
それに大腸がんに関する知識が記載されていることで、大腸がんで亡くなる方を減らそうとしている、この取り組みはとても素晴らしいですね。

NPO法人ブレイブサークル運営員会は、これまでも大腸がん検診・精密検査の受診推奨や普及、啓発で用いる資材、またはノウハウを行政のがん対策部門等で提供してきました。
これからも多くの人たちに大腸がん検診を呼びかけていくそうです。

<商品概要>
●商品名:大腸がん撲滅トイレットペーパー
●価格:5,000円(税別 1ケース/100ロール入)
※送料当法人負担(ただし、沖縄県・離島の場合は送料1,000円<税別>をいただきます。)
●販売時期:2018年4月2日から
●販売対象:行政、医療機関、健康保険組合、企業の健康管理部門等
●購入方法: NPO法人ブレイブサークルのホームページ(http://bravecircle.net/)より申し込み

参考文献

1.特定非営利活動法人ブレイブサークル運営委員会:装いも新たに!大腸がん撲滅トイレットペーパー販売スタート.PR Times. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000018211.html(最終アクセス:2018年5月11日)

2.国立がん研究センター:がん情報サービス    https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html(最終アクセス:2018年5月11日)

3.厚生労働省:がん対策推進基本計画          http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000183313.html(最終アクセス:2018年5月11日)

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る