[便秘体験談]あたるとつらい、海のミルク”牡蠣”!

2019-07-06
リンク
ももとさん(女性・40歳代・主婦)

以前、夫と2人で生牡蠣を食べて、あたったときのお話です。

2人にひどい下痢の症状が現れたのは、牡蠣を食べてから2日が経ち、牡蠣のことも忘れかけていた頃でした。

 

その日は、2人ともいつも通り出勤。私は職場に着いてから徐々に具合が悪くなり、お腹も痛く、朝ごはんが消化されずそのまま胃の中に残っているような感覚で、ついに仕事ができる状態ではなくなり早退しました。帰宅してしばらくすると、夫も具合が悪くて早退して帰ってきました。

それから半日は、2人でトイレに行ったり来たりをくりかえしました。2人ともそんな状態なので、病院に行くことも薬を買いに行くこともできず、ひたすら水分を取りながら、トイレの往復をしました。苦しみながらも行ったトイレのドアを挟んだ夫婦会議の結果。原因は「生牡蠣」だろうということに落ち着きました。

体の中の物が全部出し切ったのか、翌日には症状がおさまりました。でも、それ以来、あんなに大好きだった生牡蠣は2人とも食べられなくなりました。

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る