抽選で10名に腸内フローラ検査無料プレゼント!

[便秘体験談]究極の選択!周りにトイレがなく思わず茂みで……。

禿おやじさん(男性・60歳代・無職)

会社勤めをしていた時の話です。

私は健康のために、会社の最寄り駅から2駅前で降りて通勤していました。

その朝も、いつも通り2駅前で電車を降り、会社に向かっていたところ、猛烈な便意におそわれました。会社までの徒歩で30分程の行程の半ばでの異変でした。

周りは工業団地で公衆トイレはありません。しかし会社までもちそうもなく、仕方がないので歩道から離れ、運河沿いのグリーンベルトに駆け込み、遊歩道から茂みに入り誰もいないのを確認してから、ズボンを下げ用を足しました。

 

安堵感に包まれたものの……

ほっと安堵の胸をなでおろし、ティッシュと取り出しお尻の始末をしていると、木々の間に遊歩道をジョギングして近づく中年の女性が見え、無防備な姿のまま固まってしまいました。まさに「ヤバイよ!ヤバイよ!」でした。

人間というのは窮地におちいると変な行動をするのですね……。お尻を出したまま、出した物を避けながら地面に這いつくばったのです。情けないなんて思いませんでした。とにかく見つからないでくれ!という一心でそうしていました。

 

祈りが通じたのでしょう、ジョギング女性は背中を見せ、遠ざかって行きました。私はもう一度ティッシュで後始末をし急いで遊歩道を離れ、何事も無かったように会社に向かいました。

 

あんな緊張する局面にはもう遭遇したくありません。

 

この著者の他の記事を読む