抽選で10名に腸内フローラ検査無料プレゼント!

マグネシウムが多い食材は、便秘解消に効果あり!

マグネシウムダスエット

今回は、「マグネシウム」を多く含む食品を一週間食べ続けるとうんちがスッキリ出せるようになるのか、最近腸活をサボり気味で便秘に戻ってしまったナガセが、体当たり検証してみました!

便秘でなかなかうんちが出なくても、やっぱり下剤に頼らずにうんちを出したいですよね。今回は、うんちをやわらかくしてくれるマグネシウムを取り入れて快便を目指します!マグネシウムは便秘薬にも使われる成分ですが、お薬ではなく食品からとることもできるんです!ということで、マグネシウムが多く含まれる食品をご紹介します!

マグネシウムが多く含まれる食品例

マグネシウムが多く含まれる食品として、アーモンドをはじめとする種実類、魚介類、藻類、野菜類、豆類、精白されていない穀物などがあります。

具体例を挙げるとあおさ、ひじきやこんぶ、干しえび、バジルやココアなどもマグネシウムを豊富に含んでいます!最近、便秘解消やガイエット目的でにわかにブームになっているのは、塩化マグネシウムを主成分とする「にがり」です。

マグネシウムダスエット

30~69歳女性の推奨摂取量290㎎になるように、マグネシウムを多く含む食品を摂取する

(※30~49歳男性では370㎎、18~29歳女性では270㎎)

マグネシウムの効果

マグネシウムには水分吸収を高める働きがあるため、かちかち便をやわらかくする効果が見込めます。また、食物繊維などと同時にとれば、便のカサを大きくすることにも繋がるため、腸のぜん動運動を助けて便秘解消にも繋がります。

マグネシウム摂取の注意点

腎機能が低下している方の場合には、高マグネシウム血症が生じやすくなるためお控えください。また、にがりやサプリメントなど、通常の食事以外でマグネシウムを過剰に摂取しすると、下痢を起こすことがあります。その場合は摂取量を調整してください。

マグネシウムダスエットの結果は

気になるマグネシウムダスエットの結果は、話題の腸活をうんと楽しく学ぶ、すっきり腸活チャンネル「ウンTube」で配信中です。ぜひ動画でもご覧ください!
この著者の他の記事を読む