効いたわねぇ… (ウンキモ21)

2017-06-23
リンク

世界初(たぶん)、ウンチの立場になってウンチのキモチをダイベンするコーナー。大腸のぜん動運動が弱まって排泄物が腸内に停滞してしまう弛緩性便秘。その解消には外側から大腸に刺激を与えるのも有効です。腸の流れに沿って「の」の字にお腹をマッサージしてみましょう。

連載「ウンキモ ――うんちのきもち―― 」

記事一覧をみる
Illustration by ぢたこ

就寝前に大腸を刺激して 朝スッキリ

大腸のぜん動運動が弱まること排泄物が腸内で停滞してしまうのが「弛緩性便秘」。 腸やその周りの筋肉が弱いとなりやすいので特に女性や高齢者に起きやすいタイプの便秘です。 その解消法として有効なのが、外側から大腸を刺激してあげること。大腸は右下から半円を描くように左下へとつながっているのでその流れに合わせて、おへその下から「のの字」を描くように腸をマッサージしてみましょう。 副交感神経によって腸の働きが活発になるのは睡眠中なので、就寝前や起床直後に実施するのがお勧めですよ。
この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る