あ、先客が… (ウンキモ30)

2017-08-25
リンク

世界初(たぶん)、ウンチの立場になってウンチのキモチをダイベンするコーナー。トイレにべったりとこびりつきやすいウンチは腸内環境悪化のしるしです。お肉や脂肪分糖分の多いものばかり食べていると腸が消化しきれずにネットリとしたウンチになりやすいのです。

連載「ウンキモ ――うんちのきもち―― 」

記事一覧をみる
Illustration by ぢたこ
外出先のトイレに先人のウンチがくっついていてガックリしたこと、ありませんか? または流したはずの自分のウンチが便器にくっついてしまって焦ったり。便器を汚しやすいウンチは、腸内環境が悪化している証拠です。 脂っこいものやお肉、甘いものばかりたくさん食べていると腸が消化しきれずに 脂肪分が多くなるのでネットリとこびりつきやすくなってしまうのです。 便器につきにくいウンチを作 るには腸内環境を改善することが有効。腸内のバランス調整菌を活発化させてくれる乳酸菌や食物繊維 を意識して摂るのもおすすめです。 そして、先人のウンチはともかく、、もしも自分でトイレを汚してし まったら、次の人のためにキレイにするのが大人のマナーですよね!
この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る