朝になったら…  (ウンキモ69)

2018-06-01
リンク

世界初(たぶん)、ウンチの立場になってウンチのキモチをダイベンするコーナー。

連載「ウンキモ ――うんちのきもち―― 」

記事一覧をみる
Illustration by ぢたこ

体内でウンチが完成し、排出される準備が整ったときに脳から送られる信号、いわゆる便意がもっとも起きやすいのが朝です。

睡眠によって食事と食事の間が8時間以上空くことで、胃と小腸が空っぽになり普段の何倍もの速さで腸が活動する「大ぜん動」が起き、ウンチがいっきに肛門付近まで運ばれるためです。
そこで水やお湯を飲んだり朝食を食べたりして胃に刺激を与えると、腸の動きも活発になり便意が起こりやすくなります。

消化吸収の長旅を経て、やっとで出口にたどり着いたウンチは、あなたに会える夜明けをワクワク待っているのです。
何かと忙しい朝ですが、便意を感じても我慢しなくて済むように、時間の余裕をもって過ごしたいものです。

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る