今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

ウンチの色とにおいで分かる健康。体の「お便り」を見極めよう

ウンチは体からの「お便り」

ウンチをした後、今日はどんなウンチが出たか確認はしていますか? 

ウンチは汚くて臭いものだからと、用を足した後にどんなものか見ずに流しちゃう人も多いかも しれません。でもちょっと待って! 実はウンチは、あなたの体の健康情報がたくさんつまったお便りなのです。

ウンチを確認することは快便生活のヒントになったり、健康状態を知ることにも役立ちます。毎回の排便の最後にウンチを見る習慣をつけるようにしましょう。

いいウンチの色とにおいは?

食べ物のカスや細菌の死骸など体の不要物でできたウンチ。ウンチの色やにおいから、さまざまなメッセージを知ることができます。

ウンチの色は食べ物によっても変わりますが、一般的なウンチは黄土色から茶色が正常なウンチの色。
便秘などで腸内の滞在期間が長くなると、黒っぽくなることも。以下の色のウンチが出た場合は、病院受診への検討が必要です。

赤色

腸内で何らかの理由で出血している場合、ウンチに血がつくだけでなく、赤っぽいウンチが出ることがあります。
薬を内服している人の中には、薬の種類によってはウンチが赤くなることもあります。

黒色

黒色のウンチが出る場合も出血の可能性が。出血なのに黒?と思う人もいるかもしれませんが、胃から上で出血した場合、胃酸の作用により血液が黒く変色し、便の色を黒くします。
鉄のサプリメントを飲んでいる場合もウンチが黒くなる場合があるので、見分ける必要があります。

白色

バリウムの検査をした後には白っぽい色のウンチが出ますが、検査をしていないのにウンチが白くなる場合は、肝臓のトラブルや便の色素となる胆汁の流れが悪くなっている可能性が。たとえば具体的な病名では、肝炎や胆石症、すい臓がんが挙げられます。

そのほか脂肪の消化不良で、便が白っぽくなることもあります。また、ウンチが白くかつ水っぽい場合に病気には、ウイルス感染による胃腸炎の可能性も。

緑色

緑色のウンチは、緑色野菜を食べたときに出やすくなります。また、消化不良などでも現れることがあり、子どものウンチに見られることもあります。
また、生まれたばかりの赤ちゃんも胎便といって、黒や緑色の便が数日間出ますが、こちらは特に問題はありません。

そのほか胆汁に含まれるビリルビンが酸化することで見られることも。注意したいのは、下痢などその他に症状があったり、長く続く場合で、専門医の受診をおすすめします。

におい

ウンチのにおいがある程度クサいのは当たり前ですね。ウンチがにおうのは、食べ物が消化、吸収される過程でアンモニアやスカトールなど臭いの素となるガスを発生するため。
また、ウンチのにおいは食事の内容も影響するので、ニンニクや玉ねぎ、肉類など食べ物によってはにおいがいつもより強くなることも。

しかし、ウンチのにおいが思わず鼻を覆いたくなるような強烈な臭さの場合は、お腹の中にトラブルが発生している可能性があります。具体的には次のようなケースが考えられます。

腸内環境が良くない

腸内で悪玉菌が優勢になっていると、便の臭いが強くなる傾向があります。悪玉菌は腐敗ガスを作り出すので、においの元になります。また、腸内環境は悪くなると腸の動きも鈍くなり、腸の中のウンチも腐敗していきます。

病気の可能性も

ウンチのにおいで注意したいのが、腐敗臭が強いウンチのにおいが長く続く場合です。食中毒や炎症性の大腸の病気にかかっている可能性もあるので、病院の受診を検討してみましょう。

健康的なウンチは、黄褐色のバナナ状のうんち

まとめ

ウンチは腸や体の健康状態を知らせるお便りです。
ウンチを確認することで、生活を見直したり、病院へ受診するきっかけにもなります。自分のウンチが正常なのか見分けるのは難しいかもしれませんが、大切なのは「いつもと違う」ということに気づけることです。

そのためにも、毎回トイレの後にはウンチを確認することを習慣にしてみてください。
この著者の他の記事を読む