先着1,000名に78%OFF!通常1,280円→280円!

発酵食品で地域の魅力を再発見! ミュージシャンの石田洋介さんの腸内フローラ結果は?

バンド活動を経て、2001年よりシンガーソングライターとして活動する石田洋介さん。ソロでの弾き語りからフルバンドまで自由なスタイルでの音楽活動を展開し、最近はご当地キャラのテーマソングなども多く手がけています。
ミュージシャンというと不健康なイメージもありますが、石田さんには、各地の様々な発酵食品を食事に取り入れているという意外な一面も。食生活には自信があると語るご当地キャラソングの帝王が、腸内フローラ検査に参入!

田口さん

石田さん、本日はよろしくお願いします。

石田洋介さん

よろしくお願いします。

田口さん

前回は元NHK体操のお姉さんいとうまゆさんに腸内フローラ検査を受けていただきました。
>>「おかあさんといっしょ」4 代目ダンスのおねえさん・いとうまゆさんの腸内フローラを検査したよを読む
菌活をされているだけあって、いとうさんの検査結果は「さすが」という感じでしたが、石田さん、自信のほどはいかがでしょう?

石田洋介さん

今回いとうさんにご紹介いただいて腸内フローラ検査を受けましたが、結果を見るのをすごく楽しみにしています。検査キットが届いたときから、もう早くやりたくて仕方がなかったくらい。「受けて立つぜいとうまゆ!」という感じですね。(笑)

田口さん

いとうさんはなかなか手強いですよ。(笑)いまのお話でとても仲が良さそうな印象を受けましたが、いとうさんとのお付き合いは長いんですか?

石田洋介さん

4,5年くらいになりますかね。僕はご当地キャラクターのテーマソングを作る機会を多くいただいているんですけれども、ご当地キャラクターのイベントで秋田に行ったときに、いとうさんに初めてお会いしました。

田口さん

いとうさんは秋田のご出身ですもんね。

石田洋介さん

そうですね。あとは僕が、GCB47(ご当地キャラクター・バンド・よんじゅうなな)というご当地キャラクターのバンドを組んでいるんですけれども、そのダンスの監修をしてもらったりもしています。

田口さん

ご当地キャラクターでバンドを組んでいらっしゃるんですか!?

石田洋介さん

僕がギターとボーカルを担当して、あとはご当地キャラたちにギター、ベース、キーボード、ドラム、パーカッションを担当してもらってバンドをやっています。

田口さん

GCB47は、どのような経緯で始まったんですか?

石田洋介さん

実は、知り合いのレコーディング・エンジニアが勝手にご当地キャラバンドの企画書を作ってレコード会社に持ち込んでいたというのが始まりです。キーボードが弾けるネコが戸越銀座商店街にいたり、ベースを弾ける河童が埼玉県の志木市にいたりしたので、面白いことができるんじゃないかって。そしたら徳間ジャパンコミュニケーションズさんがその企画、面白いと言ってくださって、メジャーデビューする運びになりました。

田口さん

すごい行動力のエンジニアさんですね。いまやご当地キャラソングの帝王と呼ばれる石田さんですが、そもそもどのようなきっかけでご当地キャラの歌を作るようになったんですか?

石田洋介さん

6年ぐらい前に巣鴨地蔵通り商店街のまちづくりのお手伝いをすることになって、できたばかりの「すがもん」のPRを頼まれたんです。そこで、すがもんのテーマソングを作って歌ってみたら意外とウケまして。それがきっかけで他のキャラの歌を作るお話が来るようになって、次第にそんな風に呼ばれるようになっていましたね。

田口さん

石田さんのご当地キャラソングは、すがもんから始まったんですね。他には、どんなキャラクターの歌を作っているんですか?

石田洋介さん

2016年のご当地キャラグランプリで1位をとった高知県須崎市のしんじょう君の歌も作っています。あとは千葉県成田市のうなり君とか大田原市の与一君とか……

田口さん

グランプリを取ると、ファンもすごく増えそうですね。キャラクターソングにもファンを作るという効果があると思うのですが、これまでご当地キャラと活動される中でその影響や効果を感じたことがありますか?

石田洋介さん

しんじょう君は、ふるさと納税ですごい額の寄付を集めたということでも話題になっていますね。あとは昨年、栃木県大田原市の那須野が原ハーモニーホールというところでたくさんのご当地キャラとコンサートをやったんですけれど、たくさんのお客さんが集まってくれて。キャラクターのPRだけでなく、その地域のPRにもなるなと思いました。ありがたいことに、最近はそういうお仕事も増えています。

田口さん

ご当地キャラで地方創生というのも、非現実的な話ではないですね。

石田洋介さん

ご当地キャラのファンの方がイベントでその土地に行ってみて、その土地を気に入って移住した例もあるんですよ。いま地方の人口減少が大きな問題になっていますが、ご当地キャラはその問題解決のきっかけになると思います。ただ、キャラクターを作るだけではだめで、運用していくことが大切なんですよね。しんじょう君の場合も、役所の担当者の方が地道に活動されてきたこともあって、知名度が上がって、沢山寄付を集めるようになって……。ご当地キャラクターといっても、全国にファンを作っていかないといけないんです。

田口さん

ご当地キャラと一緒に活動されてきた石田さんだからこそわかることですね。それにしても、ご当地キャラにこんなに詳しいのって石田さんくらいなのでは?

石田洋介さん

そんなことはないですよ。いとうさんも詳しいですし・・・ただ、「ご当地キャラに詳しいミュージシャンがいたっていいじゃないか」とは思っていますね。、「いろんなことやっていいじゃないか」と。それこそミュージシャンが腸内フローラ検査したっていいじゃないかと。(笑)

田口さん

それでは早速検査の結果を見ていきましょう!(笑)
(図)(石田洋介さんの腸内フローラ)

田口さん

結果的には…… あまり良くないですね。石田さんの腸内フローラは、バランス調整菌が14%でバランスかく乱菌が7%と出ています。バランスかく乱菌はほとんどの人が0%なんですよ。

石田洋介さん

食生活には自信があったんですけどね……。お酒は好きで結構飲む方ですが、検査の前はほとんど飲んでいませんし。
(図)(石田洋介さんの腸内フローラ)

田口さん

菌の内訳を見ると、一番多いフィーカリ菌が12%ですが、乳酸菌とビフィズス菌は少ないですね。この検査を受けた方の平均値では、ビフィズス菌は、5~10%くらいいます。あとは、エクオール産生菌が少し検出されていますね。プレビウス菌は0%ですね。ちなみにこのプレビウス菌は、日本人しか持っていない海藻を代謝する菌です。日本人は0kcalと言われるゼリーも消化しちゃうので、0kcalじゃないんですよね。

石田洋介さん

僕は静岡県出身で、昔からよく海藻を食べていたので、いるような気もするんですが……。

田口さん

よく食べていらっしゃるんですね。今回は検出限界以下でしたが、また検査したら見つかるかもしれません。

田口さん

バランスかく乱菌の中にはコプリ菌がいますね。これは日和見菌なので、必ずしも悪いとも限らないんですけれど。
>>参考:コプリ菌は悪者なのか?食事やリウマチに関連するコプリ菌とは
(図)(石田洋介さんの腸内フローラ)

石田洋介さん

石田洋介さん
日和見菌が良い方向に転じると信じたいですね。声帯ポリープの手術の関係で、腸内フローラの検査をする前にステロイドを飲んでいたので、その影響もあるのかなぁ。

田口さん

腸内環境はその時の体調によって変化するので、それも関係しているかもしれません。さきほど食生活には自信があるとおっしゃっていましたが、普段はどのようなものを食べていますか?

石田洋介さん

発酵食品が好きで、納豆やヨーグルトはよく食べています。肉はあんまり食べなくて、魚を食べることが多いですね。食事に気を遣う家庭だったので、子どもの頃は、玄米ご飯に小魚と海藻を毎日のように食べていました。

田口さん

音楽をやっている方って不健康な食生活のイメージがあったんですけど、すごく健康的ですね。

石田洋介さん

僕も不摂生をしていた時期はあったんですけど、30代に入った頃から眠くなるようになったり太りやすくなったり体の変化があって、それから健康を意識するようになりました。5年くらい前に発酵食品に目覚めて、3年くらい前からは腸内環境を気にかけています。

田口さん

健康な食生活を送っていらっしゃるようなので、体調が良いときの検査結果はまた違うかもしれませんね。おすすめの発酵食品はありますか?

石田洋介さん

長野県の木曽地方名産の「すんき」という漬物とか。カブを乳酸菌で発酵させたもので、冬の頃しか作ることができないんです。開田高原の木曽っ子に連絡を取ったら、ご当地のすんきを送ってくれました。

田口さん

ご当地キャラと繋がりがあると、地方の色々な発酵食品の情報も入ってきそうですね。

石田洋介さん

発酵食品で地域創生というか、地方の魅力を再発見、みたいなこともあると思いますよ。「すんき」と似た「すぐき」という漬物が京都にもあるんですけど、そこから植物性乳酸菌の「ラブレ菌」が見つかって話題になったりとか。

田口さん

ラブレ菌って、京都の漬物から発見されたものだったんですね! 今はヨーグルトとかによく使われていますよね。石田さんは発酵食品以外にも菌を取り入れることはありますか?

石田洋介さん

いとうさんにいただいて試したことがあります。ライブの打ち上げの飲み会とかで沢山お酒を飲んで次の日にふらふらの状態で現場に行ったら、菌を差し出されて。あとは誕生日プレゼントで、いとうさんに菌の詰め合わせをもらいました。

田口さん

いとうさんらしいですね(笑)今回の検査結果を見て、今後の生活で改善しようと思うところはありますか?

石田洋介さん

運動はあまりしていないんですけど、今も1日1時間くらいは歩くようにしています。今後はそれをもっと意識的にやっていこうかなと思っています。あとは、お酒ですね。考えた方がいいかなと思うのは。

田口さん

お酒を減らすのはなかなか難しそうですが、種類を選ぶことはできそうですね。

石田洋介さん

僕は日本酒が好きなので、大丈夫だと思います。発酵していますし(笑)あとはマッコリとかも美味しいですよね。

田口さん

ぜひ今度は、万全の状態で検査に挑んでください! 本日はありがとうございました。

—–▼石田さんが挑戦した腸内フローラ検査はコチラ▼——

ADバナー・痩せ菌チェック・腸内フローラ検査