今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

オリゴ糖よりすごい!? 多糖類「グアガム酵素分解物」って!?

グアガム酵素分解物という多糖類が「おなかにすごくいい」と聞いたことはありませんか? そもそも、グアガム酵素分解物とはどんなものなのでしょうか? どうしておなかに良いのでしょう?

それでは、グアガム酵素分解物の整腸作用についてご紹介します。

グアガム酵素分解物という「最強」の水溶性食物繊維とは?

Vinod Pillai/ Shutterstock.com
グアガム酵素分解物とは、グァー豆の種子に含まれる水溶性食物繊維で、直鎖状に繋がった2つのマンノースと側鎖にガラクトースが1つ繋がった分子量20万~30万の多糖類です。 グアガムは、粘性が高く、食品添加物(増粘剤、安定剤、ゲル化剤)としてアイスクリームやタレ、ソースなどいろいろな食品に用いられています。 グァー豆とは、あまり聞きなれない食材ですが、インド原産のグァーというマメ科植物の種子で、インドでは、古くから食されていて、カレーやサブジー(野菜の炒め煮)などの料理に用いられています。 グアガム酵素分解物は、1960年代から便通改善効果コレステロールを下げる効果血糖値の上昇を抑える効果体内の有害物質の蓄積を抑える効果など健康に良い作用が報告されてきました。 こうした健康効果のおかげで、近年グアガム酵素分解物は「プレバイオティクス※」として注目されています。 ※腸に届いて善玉菌を増やし、腸内環境を整えてヒトの健康増進に役立つ食品成分

どうして良いの?

annalisa e marina durante/ Shutterstock.com
それでは、グアガム酵素分解物がどうしておなかにいいのか(便通改善効果があるのか)についてみていきましょう。

水溶性食物繊維であること

腸内は、善玉菌が優位な状態が整った状態だと排便もスムーズに行われます。 水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えるのを助け、腸内環境を整えます。 さらに、善玉菌が、水溶性食物繊維を発酵分解して、作り出すのが短鎖脂肪酸。 短鎖脂肪酸には、酢酸、プロピオン酸、酪酸などがあります。 これら短鎖脂肪酸は、コレステロールを下げたり、血糖値の上昇を抑えたりなど、体の健康維持に関わっています。 腸に関しては、腸内を弱酸性に保つことにより、悪玉菌が増えるのを抑え、さらに、腸を刺激してぜん動運動を良くします。 また、酢酸が吸収され、筋肉で代謝されることでも腸のぜん動運動は活発に。 酪酸が大腸上皮細胞のエネルギー源となり、腸の細胞の増殖を促します。 こうしてさまざまな作用で、腸の健康を保ち、便通を整えてくれるのです。

多糖類であること

同じように善玉菌のエサとなる糖類でも、オリゴ糖は、飲み過ぎると下痢になってしまうことがありますが、グアガム酵素分解物は、分子量の大きな多糖類であるため、腸の浸透圧を上げにくく、飲みすぎても下痢になりにくいのも良い点ですね。 オリゴ糖も食物繊維も糖が鎖のように繋がった構造をしていますが、鎖の長さが異なります。糖の鎖が長い方が分子量が大きくなり下痢になりにくいのです。 食物繊維は分子量が大きいもの、オリゴ糖は分子量が小さいものに分類されます。

国内で摂取しようとするなら選択肢はサプリ

marekuliasz/ Shutterstock.com
このように便通改善にとっても良いグアガム酵素分解物ですが、国内で摂取する場合は、サプリメントになります。 グアガムは、グァー豆をそのまま粉末にしたものですが、その水溶液はとても粘性が高いのが特徴です。 そのままでは、必要量を摂取することが難しいため、グアガムを酵素で分解して、粘性を低くしてサラサラにしたグアガム酵素分解物がサプリメントになっています。 このグアガム酵素分解物は、無味無臭で、料理や飲み物に混ぜて摂取します。 料理や飲み物の味に影響を与えないため、お茶やお味噌汁、ヨーグルトなどいろいろなものに混ぜて摂取できます。 炊飯前に添加してご飯を炊くこともできます。 また、グアガム酵素分解物は、医療の現場でも用いられることがあります。 経腸栄養を行っている患者さんの下痢や便秘対策として用いられたり、その他、過敏性腸症候群、人工透析、抗がん剤投与などによる下痢・便秘対策にも用いられます。

腸内フローラのビフィズス菌比率が増えた報告も

Dan Kosmayer/ Shutterstock.com
さまざまな場面で用いられているグアガム酵素分解物ですが、腸内フローラのビフィズス菌比率が増えたとの報告もあります。 健康な成人9名にグアガム酵素分解物1日21g(1日3回に分けて)を2週間摂取して、摂取前と摂取1週間、2週間、摂取をやめた後の腸内フローラを測定した結果、摂取1週間、摂取2週間の測定結果は、ビフィズス菌属の比率が、摂取前に比べて、有意に増えて、摂取をやめると摂取前の比率に戻ることが報告されています。 実際にウンログでも2人の方にグアガム酵素分解物のサプリメント「サンファイバー」を2週間飲んでもらい、「痩せ菌チェック」で腸内フローラを検査した結果、お2人とも便通の改善を認め、ビフィズス菌の比率もアップしていました。

おわりに

たった2週間で腸内環境を整えてしまうグアガム酵素分解物は、最強の水溶性食物繊維ですね。 下痢、便秘どちらの改善も期待でき、サプリメントで、料理や飲み物に混ぜて手軽に摂取できるので、便通改善に、さらには、健康維持のために試してみてください。
この著者の他の記事を読む