今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

腸活ヨガで1週間ダイエット!心をリラックスさせて便秘解消しよう

さまざまな腸活が話題となる昨今、「本当に効果があるの?」と思わず疑っちゃうような情報も多くありませんか?私たち、うんち特化型YouTuberのブリッコーズが旬な腸活に挑戦して、うんちをたくさん出して痩せようという「うんちダスエット」に挑戦!今回のテーマは「腸活ヨガ」。ヨガの呼吸法やお腹まわりをひねる動きを取り入れることで、スムーズな排便を目指します。チャレンジの結果は、インド政府公認VYASAヨーガティーチャーの亀鶴綾子先生に解説いただきました。

心のリラックスでうんちをだす!「腸活ヨガ」ダスエット

ヨガの動きは、腹式呼吸でお腹まわりを動かしたり、お腹をひねるポーズも多いのでお腹周りの筋肉に刺激を与えてくれます。そのため、便秘解消効果が期待できるんです。また、ヨガの時間を設けて集中することは、心のゆとりを生み出してリラックスする効果も。副交感神経が優位なリラックス状態は、腸の動きを活発にしてくれるのだそうです。毎日の起床時と就寝前にヨガを取り入れることでスムーズな排便を促し、ダイエットを目指します!

今回はストレスがかかると一切うんちが出なくなってしまうというブリッコーズ・ナガセが、1週間チャレンジしました。結果はどうだったのでしょうか?

腸活ヨガのやり方

腸活ヨガは、自然呼吸・3つのポーズ・腹式呼吸で構成される朝ヨガと夜ヨガを、毎日、起床時と就寝前に行います。


・朝ヨガ

1.自然呼吸

2.ガス抜き

3.片脚引き寄せ

4.脚あげ

5.腹式呼吸

・夜ヨガ

1.自然呼吸

2.片脚曲げ前屈

3.両ひざ倒し

4.チャイルドポーズ

5.腹式呼吸

それぞれのポーズの詳しい方法は動画「ヨガで腸活しよう。朝晩ベッドでできる腸活ヨガポーズ。」でチェック!

「腸活ヨガ」ダスエット3つのポイント

腸活ヨガの効果を最大限に発揮するためには、3つのポイントがあります。

・呼吸は吐くことだけを意識する

吸う息は自然と入ってくるものだけで十分です。新鮮な空気を入れるために、しっかりと吐き切ることを意識しましょう。呼吸の秒数に決まりはありません。


・朝ヨガのあとは白湯を飲む

白湯を飲むことで、お腹の中から体を温めてあげるのもおすすめです。温度は60度程度まで冷ましたものがベスト。体の中に溜まった毒素を排出してくれる効果も期待できます。


・お腹を締め付けない生活をする

お腹まわりのゆったりとしたものを着るようにしましょう。締め付けのあるお洋服を着ておこなうと、骨盤に対しても内臓に対しても悪影響を与えてしまいます。

腸活ヨガダスエット、その結果は?

実際にブリッコーズ・ナガセが1週間の腸活ヨガダスエットに挑戦してみました!テーマは、「心と体を緊張させない1週間」。普段バタバタとゆとりなく生活を送ってしまいがちですよね。ヨガの時間を毎日取るということが、心にも時間にも余裕を持たせてくれます。ナガセはストレスを撃退してうんちを出すことができたのでしょうか?

普段あまり動かさないお腹周りの筋肉や腸に刺激を与えることで、溜まったガスがどんどん外に出てきます。

とにかくやるたびにおならが出るんです。

しかし、やはりヨガをするとリラックスできて、体の軽さを実感できました!

止まらないおなら

結果発表

1週間の腸活ヨガダスエットを実践したナガセ。結果はこうなりました!


排便:平均5回/週→7回/週

体重:51.9kg→51.7kg(-0.2kg)

ウエスト:67cm→63cm(-4cm)


驚きなのは、腸活ヨガを続けたことで毎日ちゃんと排便があったことです!感動です!

腸活ヨガは心身共に刺激して痩せる!

腸活ヨガでなぜ痩せることができたのか?亀鶴先生に教えてもらいました。

ヨガは、日常生活での心と体の緊張から解放されることができる時間。緊張がほぐれると肉体面・精神面どちらからも腸に嬉しい効果があるんですね。

まとめ

強固な便秘持ちのナガセでも毎日うんちが出るようになるなんて驚きでしたね!毎日ヨガをする時間を設けることは、自分のことを大切にしてあげられる気がしてとても気持ちがよかったです!腸活ヨガはなんの準備も必要なく、朝晩できる腸活ダスエット。ダイエットだけでなく、リラックス効果も期待できるので忙しい自分へのご褒美時間としてぜひ取り入れてみてくださいね!

1週間チャレンジの模様は、話題の腸活をうんと楽しく学ぶ、すっきり腸活チャンネル「ウンTube」で配信中です。チャンネル内で、1週間チャレンジの中で最も良いうんち、「Most Valuable UNCHI」ことMVUも発表しています。こちらもぜひご覧ください!

この著者の他の記事を読む
この著者の他の記事を読む