自宅の水道でおいしい水を飲むだけで腸活!?お得な特典情報あり

最近便秘?その原因コレかも!便秘になる5つの習慣 パート2

便秘になる5つの習慣

今回は、便秘女子がやりがちな5つのNG習慣をご紹介します!過去に大好評だった企画の第二弾です。「痩せたい!便秘解消したい!けどなかなか効果が出ない……。」という方はこのようなことをやっていないか、チェックしてみてください。

NG習慣①野菜やフルーツをドリンクで摂取!

スムージーやジュースで野菜やフルーツを補うのも良いですが、しっかり噛むことが腸活には大切!よく噛むことは胃や小腸での消化を助け、吸収率をあげたり、食欲を抑制したりすることにつながります。盲腸の手術後にガムを噛んでおならを出させる病院があるほど、噛むことは腸を動かすために重要なのです。野菜やフルーツはドリンクだけでなく、固形物でも摂取するようにしてくださいね。

野菜ジュースを選ぶときは、加熱殺菌処理されていないものを選ぶと良いです。加熱殺菌されている場合は、生の野菜よりも栄養価が低くなることがあります。そのため、ジューススタンドのフレッシュジュースや自作のジュースを飲むと、栄養素をしっかりとることができます。

NG習慣②ダイエット中なので油はとらない!

ダイエット中だと油を控えたくなりますよね。でも、1日大さじ1杯程度を目安にとるようにすると、うんちがするっと出てくれます。オリーブオイルやアマニ油、えごま油など良質なものを摂取しましょう。これらの油は、不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、特にオリーブオイルのオレイン酸は腸の動きを活性化させる働きがあります。小腸で完全に吸収されず大腸まで届き、潤滑油の働きをするので便秘が解消されやすくなるんです。もちろん、とり過ぎは禁物なので、良質なものを適量とるようにしましょう。

NG習慣③湯船に入らない

おなかを温めると腸の動きがよくなるので、38〜40度のお湯に15分ほどつかるようにしましょう。腸が冷えている場合はぬるいお湯に浸かっても温まらないので、じんわり汗をかくくらいがちょうど良いです。ちなみに、42度以上のお湯につかるのは交感神経を優位にしてしまうので、寝る直前は避けましょう。

NG習慣④痩せたくて激しい運動ばかりする

激しい運動は交感神経を優位にしてしまうので、腸活のためならウォーキングやストレッチなどで軽く体を動かすだけでも大丈夫です。筋トレなど激しい運動を行う場合は、寝る前の時間は避けるようにしてください。また、腸腰筋など腸周りのインナーマッスルを鍛えると、腸活だけでなくスタイルUPにも繋がります!

NG習慣⑤快便になったらウンログをつけなくなる

うんちは健康のバロメーターなので、どんなときでもウンログをつけるのは忘れないようにしましょう!うんちが出なくて健康な人はいませんが、うんちが出ていても不健康な人はいます。前触れもなく突然うんちが出なくなることもあります。そんなとき記録がなければ対処できないので、毎日どんなうんちが出ているのか、しっかりチェックしましょう。

まとめ

ついついやりがちなNG習慣なので、心当たりのある方はこれをきっかけに見直してみてくださいね。

なお、本記事の内容は、話題の腸活をうんと楽しく学ぶ、すっきり腸活チャンネル「ウンTube」でも配信中です。ぜひ動画でもご覧ください!
この著者の他の記事を読む