自宅の水道でおいしい水を飲むだけで腸活!?お得な特典情報あり

ダイエットに”自分にあった腸活”を取り入れた人は 成功率が20%アップ!腸活とダイエットに関する調査

外出自粛などの影響による”コロナ太り”や、これから迎える夏本番に向けたダイエット需要高まりに向けて、「腸活とダイエットに関する実態調査」を実施いたしました。

さまざまなダイエット方法がありますが、極端なダイエットや間違えた方法は腸へ負担となり、「ダイエット便秘」を引き起こします。今回はダイエット経験者に対して、ダイエットに腸活を取り入れたことでどのような変化や効果があったのかを調査し、実態を明らかにするため、ウンログユーザー3000人を対象に実態調査を実施しました。

”コロナ太り”を感じる人は51.5%。そのうち97.9%の人が「ダイエットしたい」。

新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛などにより”コロナ太り”を感じるかどうか聞いたところ、51.5%が「”コロナ太り”を感じる」と回答しました。また、”コロナ太り”による増加体重は、1〜2キログラムの増加が最も多く、55.1%にのぼりました。

「”コロナ太り”を感じる」と回答した人のうち97.9%は、”コロナ太り”解消のために「ダイエットしたい」と回答しています。

これまでにダイエットをしたことが「ある」と答えた人は77.6%。ダイエットを行なった人の54.9%がダイエットによって便秘を経験!

ウンログユーザーに対して、ダイエットの経験があるかどうかを聞いたところ、ダイエットをしたことが「ある」と答えた人は77.6%となりました。

ダイエット経験者に対して、ダイエットによって便秘になったことがあるかどうか聞いたところ、54.9%が「便秘になった」と回答し、半数以上が便秘を経験していることがわかりました。

腸活の効果を実感できた人と効果を実感できなかった人では、効果を実感できた人のダイエット成功率が20%高い。

ダイエットに腸活を取り入れていた858名にアンケートを行なったところ、腸活の効果を実感できた人のダイエット成功率が85.9%だったのに対し、腸活の効果を実感できなかった人の成功率は65.1%と、ダイエット成功率に20%以上の差があることがわかりました。

腸活を取り入れて2週間で55.5%が変化を実感!72.6%が便秘解消に成功した。

ダイエット経験者に対して腸活をダイエットに取り入れた理由を聞いたところ、最も多かったのは「便秘解消のため」となり、そのうちの72.6%が便秘解消を「実感した」と回答しました。

また、腸活開始から変化を実感するまでの期間は、「2週間以内」が55.5%となりました。

ダイエット後も「腸活を続けたい」人は95.3%に。腸活の効果を実感できなかった人も継続したい理由は…

ダイエット後も腸活を続けている、もしくは続けようと思っていると回答した人は95.3%となりました。この結果には、腸活によって効果実感が「できなかった」と回答した人も含まれており、いちど腸活を実践した人はその結果に関わらず腸活を続けたいと思っていることがわかりました。
ダイエット中に腸活によって効果を感じられなかった人たちが腸活を今後も続けたい理由として、以下のような声がありました。

・便秘は解消されていないから(40代・女性)
・便秘さえ解消すれば、確実にダイエットの効果が出ているのがわかったから(30代・女性)
・うんちが出るようになってきて嬉しく思い、だんだん腸活を意識している食事を取ることが楽しくなってきた(20代・女性)
・ダイエットに対しての効果はいまいち感じられなかったが、健康的に良いのは間違いないと思ったから(30代・女性)

うん広報・ナガセより

夏本番を前に、ダイエットに力を入れ始める方も増えてきたのではないでしょうか。特に今年は”コロナ太り”解消のためにダイエットをしようと考えている方も多いようです。しかし、糖質制限やカロリーを抑えるだけの食事制限では、食物繊維の摂取量も減少するため「ダイエット」便秘になってしまう方が多くなります。

今回のウンログ調査では、適切な腸活をダイエットに取り入れた人の方が、取り入れなかった人よりもダイエット成功率が高いという結果となりました。「ダイエット便秘」になってからではなく、ダイエットを始める時から腸活を取り入れることで、便秘を防ぐだけでなくダイエット成功も期待できます。また、腸内環境が変化し始めるのは腸活を始めてから2週間程度と言われています。すぐに目に見える結果がでなくても、まずは2週間続けることを意識してみてください!

アンケート調査概要

調査期間:2020年月13日(月)〜2020年4月20日(月)
調査エリア:全国
調査対象:ウンログのサービスを利用している10代以上の男女
サンプル数:n=3000
調査方法:インターネットアンケート
この著者の他の記事を読む