自宅の水道でおいしい水を飲むだけで腸活!?お得な特典情報あり

ノンカロリーでダイエットの味方の寒天は、便秘解消にも良い!

ノンカロリーでダイエットの味方の寒天は、便秘解消にも良い!

食物繊維がたっぷり!お腹に嬉しい寒天

sasaken / Shutterstock.com
プルプルとした食感が魅力の寒天。あんみつの中に入っていたり、ようかんや杏仁豆腐になったりと、スイーツ作りには欠かせない食品です。

また、凝固作用が料理にも使われていますよね。実はゼラチンの凝固作用を阻害する食品にも使えるので、ゼラチンの代用としても活躍しています。

そんな寒天ですが、カロリーがゼロなのでダイエットの強い味方になってくれます。

しかも食物繊維が豊富なので、お腹スッキリの便秘解消にも貢献してくれます。

寒天を食べて体もお腹もスッキリ!

sheff / Shutterstock.com
さて、寒天に含まれる食物繊維は、なぜ便秘解消にいいのでしょうか? ダイエットに効果的な食べ方と合わせてご紹介します

食物繊維が豊富な寒天で便秘解消

寒天は天草などの海藻類から作られています。 海藻といえば食物繊維が豊富な食べ物で、その海藻から作られる寒天は実に全体の約80%が食物繊維です。しかも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含んでいます。

食物繊維は腸を刺激して蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にしてくれますから、便秘解消に効果があります。

また、食物繊維は大腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエネルギー源になります。

腸内フローラを整えるためには、悪玉菌よりも善玉菌を多くしなければいけません。悪玉菌が多い状態では、体の不調や病気につながるリスクを抱えてしまいます。善玉菌を助けるためにも、食物繊維を摂ることが大事なのです。

ゼロカロリーな寒天。寒天入り食品を選ぼう!

寒天自体のカロリーはゼロですから、食事に取り入れることで、お腹の満腹度を維持しつつ全体のカロリーを減らすことができます。

コンビニやスーパーでデザートを買うにしても、寒天入りと表示がゼリーなどを選ぶといいでしょう。ダイエット中でもスイーツを楽しむことができますよ。

食事の前に寒天ゼリーを食べて食べ過ぎにブレーキ!

寒天は吸水力が強く、食べるとお腹の中で膨らみます。
ですから、食事の前に低カロリーな寒天ゼリーを食べておくと満腹感を得やすくなり、食事の量を制限することができます。

ポイントは食事の直前に食べないこと。ある程度は寒天が膨らむ時間を作ってあげましょう。

ダイエットを始めてからお腹いっぱいにならないのがストレス…という方は試してみては?

3食の食事の中に採り入れてみよう!

普段甘いものは食べない…という方におすすめなのが、朝昼晩の3食に取り入れる方法。

置き換えダイエットが苦痛にならない人は3食のうちどれかの主食の代わりに食べてもいいですし、そこまでできない、という人はお米に混ぜて炊いてはいかがですか?
ごはん1合に対して粉寒天1gを入れて炊くと、お米がふっくらしてつやつやになります。

また、寒天には凝固作用(固まろうとして粘り気が出てくること)があり、それを利用してカレーやシチューなどの料理でとろみづけとして使うのもいいですね。カロリーはそれほど変わりませんが、食物繊維を摂取しやすくなります。

食べ過ぎもダメ!寒天を食べるときに意識したいこと

jreika / Shutterstock.com
食物繊維たっぷりでカロリーもゼロな寒天。だったらどんだけ食べても安心だ!という気がしてしまいますが、とはいえ、過剰に食べてはいけません。デメリットも把握しておきましょう。

食べ過ぎると便秘に?その理由とは

寒天は水で膨らむ性質があります。これが腹持ちにつながりダイエット食品に向いている理由のひとつです。

でも、しかし過剰に摂取してしまうと、体内で必要以上に水分を吸収してしまいます。 水分が不足すると便秘が固くなるので、それが逆に便秘の原因になることもあるのです。 寒天入りの食品を食べるときには、意識して水分を摂るようにしましょう。

甘い味付けに注意して!

寒天は扱いやすいので、自家製の寒天ゼリーを作ってダイエットをしようと考える人もいるでしょう。

そこで注意したいのが、寒天ゼリーの味付けです。 寒天自体は無味ですから、そのまま食べるのは難しいと思います。甘みや酸味をプラスしますよね。寒天がゼロカロリーだからと、砂糖をたくさん使っては元も子もありませんよ! 味付したいが砂糖は使いたくない……という時は、野菜や果物を使ってみましょう。搾り汁やミキサーにかけてまるごと使うのもいいですよ。

栄養バランスを考えよう

寒天はそのほとんどが食物繊維とお伝えしました。
普段の食生活の中でエッセンスとして活用いただくと良いですが、寒天ダイエットと称して、それだけを食べているとその他のビタミンやミネラルが当然足りなくなります。全体のバランスを考えながら、無理のない食事を心がけるようにしてくださいね。
この著者の他の記事を読む