便秘解消!「ながら」快便ルーティーン前編

2021-06-29
リンク

仕事中のちょっとした習慣づけが、便秘解消につながることをご存知ですか?デスクワークで長時間同じ姿勢を取り続けたり、忙しくてつい食事がおろそかになってしまったりと、仕事をしながらの腸活は難しく思えるかもしれません。しかし、仕事中の「ながら」腸活を身につければ心配ご無用!忙しい日々のなかにも腸活習慣をとり入れることができます。

 

前編では、毎日できる「ながら」腸活のコツをご紹介します。

仕事中もこっそり「ながら」腸活!4つのポイント

オフィスでの習慣が便秘につながっていることがあります。日中は忙しいから腸活なんてできない!という方には、次の4つのポイントを意識するだけの「ながら」腸活がおすすめです。

その1 正しい姿勢を意識すること

背中が丸まった姿勢は、腸が圧迫され、便秘の原因になります。背筋を伸ばし、腹筋に適度に力が入った姿勢を意識するだけで「ながら」腸活の第1歩です。最近はリモートワークで1日中座りっぱなし、という方も少なくありません。ずっと同じ姿勢を取っていると、全身の筋肉がゆるんでしまい、たるみの原因にもなってしまいます。

家の中でも、まめに立ち上がってストレッチをしたり、少し筋肉を動かしたりする時間を取るといいでしょう。便秘解消には、腰回りやお尻の筋肉をほぐすことが効果的です。

その2 水分補給を有効活用すること

暑くなってくるこの時期、水分補給は欠かせません。美容の観点からも、こまめに水を飲むことが推奨されています。仕事中でも、まめに水を飲むようにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。便秘解消には、水分のついでに「食物繊維」を摂取することが有効です。

そこで便利なのが、粉末になっている水溶性食物繊維です。水にサッと溶けて味もほぼ変わらないので、普段の飲み物や食事に溶かすだけで、負担なく生活にとり入れることができます。スティック状に個包装になった商品は、持ち歩きやすくペットボトルにも入れやすいので、「ながら」腸活の心強い見方です。

その3 トイレタイムを有効活用すること

トイレは狭いけど、人目を気にせずひとりでゆっくりできる貴重なスペースですよね。用を足すついでに、お尻周りをほぐすだけでも快便につながります。おすすめは「おしりスリスリ」。両手をお尻にあてて、ブルブルとゆするだけの簡単なストレッチですが、腸活に効果があります。詳しいやり方はこちらの動画からチェックしてみてください。

その4 通勤時間も有効活用すること

毎日できる腸活習慣とは

腸活で何より大切なのは、習慣づけて日々継続することです。「ながら」腸活の4つのポイントは、日常に取り入れてもほとんど負担になりません。わざわざ時間や場所を用意しなくても腸活に取り組めるので、腸活初心者さんや、時間のない方にもぴったりです。気軽にチャレンジできることから、腸活を意識してみましょう。

まとめ

正しい姿勢を意識したり、ちょっとしたスキマ時間を活用することで「ながら」腸活に取り組むことができます。この記事でご紹介した4つのポイントについて、ウンTubeでも分かりやすく解説しているので、ぜひご覧ください。
後編では、「ながら」腸活で快便な毎日を送っているOLナガセさんのルーティーンをご紹介します。いつ、どんな風に「ながら」腸活にチャレンジしているの?ナガセさんの日常をのぞきながら快便につながる習慣をチェックしましょう。お楽しみに!!
この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る