今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

やせる腸内細菌「クリステンセネラセエ」でダイエットが可能になるかも

肥満と腸内細菌の関係については、さかんに研究が行われています。例えば腸内細菌のバランスが崩れると肥満になるということがわかっています。しかし、肥満の発症には食事や運動、遺伝的要因など多くの原因が考えられるためダイエットによい腸内細菌はわかっていませんでした。今回は、やせる腸内細菌「クリステンセネラセエ(Christensenellaceae)」と肥満との関係について明らかにした研究を紹介します。

Anetlanda/Shutterstock.com

やせる腸内細菌の発見

アメリカの研究チームは、416組の双子を対象に肥満と腸内細菌の関連を調べ、痩せている人の腸内にはクリステンセネラセエという菌がいることを発見し、2014年11月に「Cell」誌に発表しました。 まず、研究チームは1卵生の双子171組、2卵生の双子245組、双子以外の98人の腸内細菌を解析しました。
すると双子の方が腸内細菌の構成が似ており、さらに遺伝情報が全く同じである1卵生の双子の方が2卵生の双子よりも似ていることがわかりました。原因として、腸内細菌の中でも影響力の強いものが遺伝によって決まり、その影響力の強い腸内細菌によって腸内の細菌構成が決まっているのではないかと考えました。研究の対象になった方の年齢は、23歳から86歳までで、別々に生活していることがほとんどなので、今回の研究で食事などの生活習慣よりも遺伝が腸内細菌の構成に影響を与える可能性があることを明らかにしました。 最終的に研究チームは、クリステンセネラセエという腸内細菌がもっとも遺伝的体質に影響を受けることを発見しました。また、クリステンセネラセエを腸内に多くもつ人はやせていることがわかり、実際にマウスの腸内にクリステンセネラセエを移植するとやせることも確認しました。
Human genetics shape the gut microbiome. Cell.を元に引用改変
クリステンセネラセエは食物を分解した後に、短鎖脂肪酸を排出し、脂肪細胞の肥大を予防することで体重を減らす作用があるといわれています。 研究チームは、将来クリステンセネラセエを飲んでやせるダイエット治療ができるのではないかと期待しています。

やせる腸内細菌を飲んでダイエット!?

クリステンセネラセエ以外でも、将来のダイエット治療になる可能性がある面白い研究について紹介します。 アメリカの研究チームが、食欲を抑制する物質であるNAPEを産生できるように遺伝子改変した大腸菌をマウスに飲ませたところ食欲が抑えられたことを2014年8月に「The Journal of Clinical Investigation」誌に発表しました。 食欲を抑制するNアセチルメタノラマイド(NAE)という物質は、腸管で作られています。研究チームはNAEに注目し、NAEの前駆物質であるNAPEを大量に合成できるように大腸菌の遺伝子を操作し、マウスに8週間、水に混ぜて口から与えました。すると高脂肪食を摂らせても肥満にならず、食欲を抑えられることがわかりました。また、生きた大腸菌を投与しているので、投与を中止しても最低で4週間は腸内に住みついて効果が持続することを確認しました。

肥満解消だけじゃない。生活習慣病予防にも期待!

今回は、将来「細菌ダイエット」として期待できる研究を2つ紹介しました。肥満は体質だからとあきらめずに、やせる腸内細菌を飲むことでダイエットに成功できたら肥満だけでなく、肥満に関連する糖尿病や高血圧、心疾患なども減らせる可能性があります。 しかし、まだ人に応用するにはいくつかの壁があります。遺伝に影響を強く受けるクリステンセネラセエをもともと持っていない人が飲むだけでやせられるのか、どれくらいの量を飲めば効果が得られるのか、そして2つ目の研究に関しては遺伝子改変を行っている腸内細菌が体の中に入ると悪影響はないのか、などが挙げられます。遺伝子組み換え物質に対しても抵抗を感じる人が多い日本で、果たして受け入れられる治療となるのかわかりません。 クリステンセネラセエを多く含んだヨーグルトを食べると痩せる!なんて、魅力的だとは思うのですが、将来に期待しましょう。

参考文献

1) Goodrich JK;Waters JL; Poole AC1 et al. Human genetics shape the gut microbiome. Cell. 2014 Nov 6;159(4):789-99. doi: 10.1016
(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25417156)
2) Chen Z; Guo L; Zhang Y et al. Incorporation of therapeutically modified bacteria into gut microbiota inhibits obesity.J Clin Invest. 2014 Aug;124(8):3391-406. doi: 10.1172/JCI72517.
(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24960158)

この著者の他の記事を読む