体のゆがみを改善してダイエット!「うんち体操」ダスエットの効果は?

2019-01-16
リンク

さまざまな腸活が話題となる昨今、「本当に効果があるの?」と思わず疑っちゃうような情報も多くありませんか?私たち、うんち特化型YouTuberのブリッコーズが旬な腸活に挑戦して、うんちをたくさん出して痩せようという「うんちダスエット」に挑戦!今回のテーマは「うんち体操」です。株式会社Ninja EX代表取締役忍者で忍者先生こと千本叡幸(ちもとえいこう)先生に、体操の監修と1週間チャレンジした結果の解説をお願いしました。

連載「すっきり腸活チャンネル「ウンTube」 」

記事一覧をみる

ゲストは忍者先生こと千本叡幸先生

今回ゲストにお招きしたのは、株式会社Ninja EX代表取締役忍者、忍者先生こと千本叡幸(ちもとえいこう)先生。忍者先生は、プライベートトレーナーとして20年間で延べ3万人を超える人々の心と体のトレーニングを行ってきた、体質改善のプロなんです。他にも企業や医療機関などでも運動指導や施設運営管理などのアドバイザーとして活躍されています。

忍者が教える!うんち体操ダスエット

忍者先生の指導の下チャレンジしたのが「うんち体操ダスエット」。腸の動きを活発にして便秘を解消するためには、肉体・精神・感情のゆがみを改善することが大切。朝もしくは夜に1日1回、うんち体操を取り入れてスムーズな排便を目指します。

今回は、ブリッコーズのナガセが挑戦しました。ナガセはゆがみを改善して、うんちをたくさん出すことができたのでしょうか?

うんち体操ダスエットのやり方

うんち体操は、4つの動きを行います。

1.忍法・お尻スリスリ

お尻のゆがみに加えて、肩甲骨まわりのゆがみも改善させる動きです。

お尻の下の部分を手で触り、細かく揺らします。この動きを1分間おこないます。最初は左右の硬さが違っても、続けているとだんだんと同じになってくることに気づくはず!その頃には肩甲骨まわりもよく動くようになるでしょう。

2.忍法・おなかブラブラ

おなか周りの緊張をほぐすことで、横隔膜を大きく動かす動きです。呼吸も大きくなってリラックス効果が期待できます。

手を体の中心でニンニンポーズを作り、そこを中心にするようにおなかをぐるぐる回します。軸がブレて、全体がグラグラしないようにしましょう。この動きを1分間おこないます。

※できそうな方は、お尻スリスリとおなかブラブラを同時に1分間行ってもOKです!

3.忍法・蹲踞(そんきょ)ブーブー

忍者先生推奨の最も体のゆがみを改善するポーズが蹲踞(そんきょ)です。つま先と膝の向きを揃えることで全身のゆがみを改善させます。

つま先と膝の向きを揃えて、和式便所を使うときのようにしゃがみましょう。このポーズを9秒キープ。立ち上がるときは、貧血を起こしたり体に負担をかけてしまう可能性があるので、ゆっくりと立ち上がるか、後ろにお尻をついてから立ち上がるようにしてください。

4.忍法・うん呼吸

大きく呼吸をすることで、体幹を鍛えてシェイプアップ効果が期待できる動きです。

まず、両手を持ち上げながら4秒息を吸います。このとき顔はにっこりさせるのがポイント。手をゆっくりと下ろしながら8秒で吐きましょう。うんちを出すイメージでおこなうことが大切です。この呼吸を9回繰り返します。

うんち体操のタイミング

うんち体操は、朝もしくは夜におこなうようにします。日常のストレスが多い方や1日をすっきりしてから始めたい方は朝がおすすめ。リラックスしながら行いたい方は夜の寝る前におこなうようにしてください。

うんち体操ダスエットの結果は?

ナガセが不器用ながらも1週間のうんち体操ダスエットにチャレンジしました。ナガセは無事にうんちを出すことができたのでしょうか?
初めてでも効果を実感するの術
蹲踞から起き上がるのはなかなか大変の術
不器用ながらに必死に頑張らせていただきましたの術!

結果発表

1週間のうんち体操ダスエットを実践したナガセの結果はこうなりました!


排便:平均5回/週→10回/週

体重:52.4kg→52.2kg(-0.2kg)

ウエスト:64.7cm→62.5cm(-2.2cm)
うんち体操を続けていくことで呼吸が深くなっていくため、日常生活がトレーニング状態に。そのためウエストのサイズが減るんだそうです!すごいですね〜!!

うんち体操は、体のゆがみを改善することで痩せる!

うんちを出してシェイプアップをするためには、体のゆがみを改善することが重要。うんち体操は、体のゆがみをさまざまなアプローチで改善していく体操なんです。

・肉体のゆがみを改善して、代謝が上がる
・精神のゆがみを改善して、うんちがでる
・代謝が上がって、痩せやすくなる

※効果には個人差があります。

特に、蹲踞(そんきょ)ブーブーはゆがみを改善するうえで効果的!左右対称な姿勢を取ることでゆがみが改善されるだけではなく、太ももの筋肉鍛えて代謝をアップしてくれます。また、女性は季節によって骨盤がゆがんでしまうと言われていますが、蹲踞の姿勢を取ることで骨盤のゆがみを改善させる効果も期待でき、冷え性対策にもおすすめです。

まとめ

1週間のうんち体操ダスエットでウエスト-2.2cmを実現することができました!うんちの回数も増やすことができてとても嬉しいです。1週間チャレンジでは、朝か夜どちらかの時間で体操をおこないましたが、それぞれの動きをスキマ時間で行うのも良さそうですね。特に蹲踞(そんきょ)は思い立ったらやるようにしていきたいです!和式トイレも積極的に使うようにしましょう。何もなくても始められる腸活「うんち体操」を皆さんも取り入れてみてくださいね。

1週間チャレンジの模様は、話題の腸活をうんと楽しく学ぶ、すっきり腸活チャンネル「ウンTube」で配信中です。チャンネル内で、1週間チャレンジの中で最も良いうんち、「Most Valuable UNCHI」ことMVUも発表しています。こちらもぜひご覧ください!
この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る