今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

とろみが“腸”クセになる!モロヘイヤのスープ

おひたし等、冷たい状態で食べることが多いモロヘイヤ。たまには温かいスープで召し上がれ!

材料(2人前)

モロヘイヤ 1袋
にんにく 2片
鶏がらスープの素 小さじ2
オリーブ油 大さじ1
400ml
塩胡椒 少々

作り方

  • モロヘイヤの茎から葉をつみとり、水洗いする。(柔らかい茎も食べてOK)
  • 鍋にたっぷりの湯をわかし、分量外の塩を小さじ1程度いれたあと、葉を入れて40秒ほど茹でる。
  • 茹でたモロヘイヤの水気をよく切り、みじん切りにする。(できるだけ細かくきる。フードプロセッサーを用いてもOK)
  • 鍋にオリーブ油を入れ火をつける。みじん切りしたニンニク(チューブでもOK)を加えて、弱〜中火で加熱する。
  • ニンニクの香りがたってきたら、水、鶏ガラスープの素を入れ、沸騰したら③のモロヘイヤを加える。塩コショウで味をととのえて完成!

モロヘイヤは「王様の野菜」とも呼ばれており、栄養価が非常に高いのが特徴です。なかでも、βカロテンなどのビタミンや食物繊維を多く含んでいます。

 

 

ちなみに、モロヘイヤ100gの食物繊維総量は5.9g、水溶性は1.3g、不溶性は4.6gです。なんとレタスの5倍以上

 

 

モロヘイヤ1袋(茎含む)の重さは、だいたい100gなので、覚えておくと便利です^^

 

 

また、モロヘイヤは変色しやすいので、気になる方は、すぐにスープを食べましょう♪

この著者の他の記事を読む