抽選で10名に腸内フローラ検査無料プレゼント!

メカブと干し大根でなんちゃって!松前漬け風

あけましておめでとうございます!年末年始に食べ過ぎて胃腸が疲れていませんか?今回は、おせちで余った数の子を活用できるレシピです。

材料(2人前)

メカブ(味なし) 1パック(40g)
干し大根 15g
人参 10g
※数の子(あれば) 1本
しょうゆ 小さじ2
みりん 大さじ1
小さじ2

作り方

  • 干し大根を水に戻し、1分ほど熱湯で茹でておく。
  • 人参を細切りにし、熱湯をかけて火を通す。(電子レンジで加熱してもOK)
  • 数の子がある場合、細切りにしておく。
  • 調味料を鍋に入れ加熱し、沸騰したらすぐ火をとめる。(電子レンジで加熱してもOK)
  • ボウルにメカブ、水気をよく切った干し大根、人参、(数の子)、4の調味料をすべて入れてよく混ぜる。
  • ※味付きメカブを使用する場合は、ちょうど良い味になるまで、少しづつ調味料を加える。

2019年、あけましておめでとうございます!12月は忘年会やクリスマス、1月は新年会など胃腸に負担がかかりやすい季節ですね。

今回は、おせちの定番である数の子を活用できるレシピのご紹介!もちろん数の子がなくてもOK。

メカブはうんちを柔らかくする働きのある「水溶性食物繊維」が、干し大根は腸のぜん動運動を活発にする「不溶性食物繊維」が豊富なので、食物繊維のバランスとれた一品です。

この著者の他の記事を読む