今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

腸が喜ぶオリゴ糖の上手なとりかたとは?

無茶なダイエットをしていませんか?

腸が喜ぶオリゴ糖の上手なとりかたとは?PathDoc / Shutterstock.com 美容や健康維持のためダイエットをされている方は多いと思いますが、無茶な食事制限など身体に負担をかけるようなダイエットをしていたりはしませんか? 無茶なダイエットは、短期的に痩せはするものの、ダイエット後のリバウンドが著しく、一歩間違えば元の体重より増え、さらには痩せにくい体質になってしまうこともあります。体調を崩してしまうこともあるでしょう。 同じダイエットでも、美容と健康を保ちつつカラダに優しいダイエットを目指したいですね。 今回は誰でも手軽にできるオリゴ糖を使った便秘解消と体質改善についてご紹介します。

便秘はなぜ体に悪いの?便秘を解消して痩せやすい体質になろう

腸が喜ぶオリゴ糖の上手なとりかたとは?alphabe / Shutterstock.com 便秘は体に良くないといいますがそれはなぜでしょうか? そもそも便秘とは腸内にうんちが溜まった状態のことであり、腸内の環境が良くないことでさらに腸内の悪玉菌が増殖し体に良くないといわれています。 腸内では、腸内フローラと呼ばれる善玉菌と悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌といった三種類の勢力が均衡を保つことによって健康が維持されますが、悪玉菌が増殖することでその均衡が崩れ、発がん性物質や硫化水素などの有害物質が多く生み出されるようになります。過剰に生み出された有害物質は腸壁に吸収され、血液に溶け込み身体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。

便秘解消にはオリゴ糖が効く? 正しくオリゴ糖を摂取して腸内環境を整えよう

腸が喜ぶオリゴ糖の上手なとりかたとは?bikeriderlondon / Shutterstock.com 少し話は変わりますが「オリゴ糖」という言葉を聞いたことはありませんか? オリゴ糖とは、すごく大雑把に言うと、おなかに良い甘味料です。私たちの生活の中では、砂糖のようにコーヒーに入れたり、お菓子作りなどの場面で活躍しています。 オリゴ糖を既に知っているという方は「腸に良い」「整腸作用がある」という文脈で耳にすることが多いでしょう。オリゴ糖は大腸に到達すると、腸内細菌によって発酵されビフィズス菌など善玉菌のえさになります。善玉菌が増えることで腸内フローラの中での善玉菌勢力が優勢になり、腸内の健康が維持されます。 ただ、実はオリゴ糖と一言で言っても、種類があり、胃や小腸で吸収される消化性のものと大腸まで届く難消化性のものがあり、後者のオリゴ糖でなければ効果が薄くなってしまいます。消化性オリゴ糖の代表である大豆オリゴ糖は、原料が大豆なので安く手に入れやすいのですが、できれば大腸まで届く難消化性のラフィノース、ガラクトオリゴ糖、ミルクオリゴ糖などがオススメです。これら数種類のオリゴ糖を含むヨーグルトなどを摂取するのも良いでしょう。数種類を摂取する理由は、善玉菌にもそれぞれ好みがあり、まんべんなく善玉菌を活性化させることで便秘解消がはかどるからです。 このオリゴ糖は糖類の中ではカロリーが低く、砂糖の約半分ほど。これはダイエットにも嬉しいですよね。ただ、もちろん糖類ですから適量以上の摂取は体重増加につながります。そして過剰な摂取は善玉菌を必要以上に増加させ、下痢を起こす可能性もあります。適量は毎日スプーン1杯程度(約5g)ですので、量を摂取するのではなく日々継続して摂取するようにしましょう。 また、オリゴ糖には液体タイプと粉末タイプがあります。液体タイプは安価ですが、シロップなどの不要物も含まれているため、粉末タイプの方が良いでしょう。粉末タイプのデメリットは割高なところと通販などでしか手に入りにくい点です。

オリゴ糖入りのヨーグルトは腸内環境を整える最強の食材

腸が喜ぶオリゴ糖の上手なとりかたとは?mama_mia / Shutterstock.com では最後にオリゴ糖を上手に摂取できる食材をご紹介します。 先に難消化性のオリゴ糖が含まれるヨーグルトをおすすめしておりますが、なぜでしょうか? それはヨーグルトに含まれる乳酸菌は、オリゴ糖ととても相性が良いからです。大腸まで生きて届いた乳酸菌はすぐにオリゴ糖をえさに繁殖するため、善玉菌を効率よく増加させることができるのです。 中でも特保マーク付きヨーグルトは特定保健用食品として乳酸菌の存在を消費者庁が認めていることを表しますので、マークがないものと比べてより効果を期待できます。 美容と健康維持のため、そしてカラダにやさしいダイエットをするため、毎日手軽にオリゴ糖を摂取することをおすすめします。  

参考文献

1) 大鵬薬品 : 便秘とは、「腐ったものを腸内に溜めた状態」|ウンチから、腸内環境がわかる!. (http://www.taiho.co.jp/kenko/otayori/chounai03.html)

この著者の他の記事を読む