今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

豆乳を温めて下痢予防しよう!

牛乳が苦手でも豆乳なら優しく飲める

naito8 / Shutterstock.com 下痢になってしまうのは寒いからというのが問題です。特に、ヒヤッとする肌寒い日にはお腹を壊しやすくなります。 そんな時にはオススメしたいのが、豆乳です。 牛乳は少し刺激が強くてお腹を壊してしまう……という人でも、豆乳であれば優しく飲めるのが良いところです。栄養が満点で、しかも温めて飲みやすいです。胃腸のコンディションも整える働きもあります。 豆乳にはオリゴ糖が含まれている為、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果が期待できます。

豆乳を軽く温めて飲むのがオススメ

豆乳を温めて下痢予防しよう!tacar / Shutterstock.com そんなマルチな効果のある豆乳を鍋で軽く温めて、お好みで黒砂糖やきな粉、すりゴマなどを入れて飲めば、より美味しく飲めます。 寒いと思う前にマグカップ1杯を飲むのがポイントです。ジャムを入れればよりビタミンも摂れます。

豆乳鍋で野菜もたっぷりに

豆乳を温めて下痢予防しよう!yasuhiro amano / Shutterstock.com 豆乳鍋にしてもいいでしょう。白菜やネギなどをたくさん入れて食べますと、よりお腹も健康的になり、下痢になりにくくなります。嬉しいことに、便秘解消の効果まであります。 具材にキノコを入れれば、便秘解消に有効な食物繊維が豊富に含まれています。更に、消化器官や呼吸器系の粘膜で異物が体内に入ることを阻止する役割を果たす、IgA抗体を増やす成分が含まれています。 これに鶏肉を加えるとIgA抗体を作る為に必要なビタミンB6が多く含まれている為、キノコ類と合わせて摂りたい食品の一つです。緑黄色野菜もIgA抗体に働き掛ける力を持っていますので、野菜もたっぷり入れましょう。 ストレスも溜めると寒い冬場は下痢になりやすいので、なるべくじっとせずに、椅子に座って立つという運動を取り入れながら体を温めると下痢予防になります。