乳酸菌たっぷり!もちもちキムチ炒飯

2018-09-18
リンク

麦ごはんの水溶性食物繊維と発酵キムチの乳酸菌が“腸”うれしいレシピ♪

腸内細菌のエサ(水溶性食物繊維)と乳酸菌、2つを同時にとることがポイントです。

連載「しおりのでるでるクッキング 」

記事一覧をみる

材料(2人前)

麦ごはん お茶碗大盛り2杯分
豚肉 50g
発酵キムチ 100g
めんつゆ(なくてもOK) 小さじ1
塩コショウ 少々
ごま油 小さじ1強
万能ネギ 適量

作り方

  • フライパンにごま油を入れ、豚肉を炒め、豚肉の色が変わってきたらキムチを加える。
  • 麦ごはんを加え、馴染むように良く混ぜながら炒める。
  • 全体が良く混ぜ合わさったら、塩コショウ・めんつゆで味をととのえる。

ポイントは、麦ごはん発酵キムチを使うこと!

麦ごはんには、腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維が豊富♪水溶性のセンイは、うんちを柔らかくする働きがあるので便秘気味な人におすすめ。

発酵食品として有名なキムチは、発酵していない「浅漬け型」があるので気をつけましょう。おすすめは韓国産キムチ!韓国産は、必ず発酵しているので“腸”うれしい。

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る