先着1,000名に78%OFF!通常1,280円→280円!

オリゴ糖たっぷり!きんぴらサラダ

ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖がたっぷり入ったサラダです。
時間がなくて忙しい人は、きんぴらごぼうをコンビニ等で買うと良いでしょう。

材料(4人前)

ごぼう 1本
人参 1/3本
こんにゃく 1/4枚
40cc
しょう油 大さじ1/2
みりん 大さじ2
はちみつ 大さじ1
鷹の爪 1/2〜1本(お好みで)
ごま油 適量
水菜 1株
セロリ 1/2本
長ネギ 5cm程度
白ごま 適量

作り方

  • ごぼうを水で洗い泥を落としたら、千切りまたはささがきにし、水にさらす。



  • 皮を剥いた人参、こんにゃくを千切りにし、鷹の爪を輪切りにする。
  • ごま油を入れたフライパンに、ごぼう・人参・こんにゃく・鷹の爪を入れ、しんなりするまで炒めたら、酒を加え、アルコールを飛ばす。
  • しょうゆ・みりん・はちみつを加え、汁が少し残るくらいまで炒める。
  • 水菜を5cm程の長さに切り、セロリを表面にある筋をピーラーで取り除いたあとスライサーで繊維を断ち切るように切る。長ネギを斜め薄切りにし、水にさらしておく。
  • 4のキンピラゴボウの粗熱が取れたら、5の野菜と混ぜ合わせ、ゴマをふりかける。

オリゴ糖は大腸まで消化されずに届き、ビフィズス菌のエサになります。エサになるということは、ビフィズス菌を活性化させ、腸内環境を改善する効果が期待できるということ。

オリゴ糖ときくと、何か特別な“糖”と思われるかもしれませんが、ゴボウなどの根菜類、ネギ類、マメ類、はちみつなどの食品に多く含まれています。白砂糖の代わりにはちみつを使うなど、ちょっとした工夫で腸が喜ぶレシピになります。

この著者の他の記事を読む