抽選で10名に腸内フローラ検査無料プレゼント!

ピリ辛“腸”うまい!きのこ3種のペペロンチーノ

2019年1月のウンログ女子部イベントで好評だった「きのこ3種のペペロンチーノ」のレシピです。発酵食品であるアンチョビと、繊維豊富なキノコの組み合わせは“腸”嬉しい。もちろん、アンチョビ無しでもOK!

材料(3人前)

ぶなしめじ 1パック
えのき茸 1パック
舞茸 1パック
オリーブオイル 大さじ3
ニンニク 1片
アンチョビ 3切れ
鷹の爪 1本
少々

作り方

  • ぶなしめじ、えのき茸は石づきをとり、バラバラにしておく。舞茸もざっくりと割いておく。
  • アンチョビをみじん切り、ニンニクを薄くスライス、タネをとった鷹の爪を輪切りにする。
  • フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、ニンニク・鷹の爪を加える。焦がさないように弱火で炒め、ニンニクがきつね色になったら、ニンニク・鷹の爪を取り除く。※面倒臭い場合はそのままでもOK
  • キノコを加えて中火で炒める。キノコが少ししんなりしてきたら、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
  • キノコに火が通ったら、塩で味をととのえ、取り除いておいたニンニク・鷹の爪を戻す。

キノコには、水に溶けない性質をもつ“不溶性食物繊維”が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、腸のぜん動運動を活発にしたり、ウンチのカサを増したりする働きがあります。また、キノコ類は繊維が多いので消化しにくく、そのまま出てきてしまうことも…!そうならないためにも、しっかり噛んで食べるようにしましょうね。

この著者の他の記事を読む