今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

日本人の2人に1人しか持たないエクオール。堀江さんと寺田さんの美肌ポテンシャルは!?

今の研究では解明不能!? ホリエモンこと堀江貴文さんの特殊な腸内フローラとは

10月にサービスリリースしたウンログ・腸内フローラ検査。 一足先にヘルスケア分野にも造詣が深い堀江貴文さん&寺田有希さんの腸内フローラを検査させていただきました。対称的な結果が出た2人ですが、その結果は…? 2人の結果を、腸内細菌専門家・岡山大学教授の森田英利先生とアプリウンログの生みの親・田口敬が深掘ります。 ※本記事は、ホリエモンチャンネル・クリニックを記事化したものです。 >>第1回目の記事「今の研究では解明不能!? ホリエモンこと堀江貴文さんの特殊な腸内フローラとは」を読む

日本人の2人に1人しか持たないエクオール産生菌。2人の美肌ポテンシャルは!?

田口さん

今回の腸内フローラ検査の良い点としては、おふたりともエクオール産生菌が検出されてますね。これは美肌に資すると言われている菌ですね。

寺田さん

エクオール産生菌?(私の腸内フローラに)おるおる。

堀江さん

僕にもおるよ。

寺田さん

私、堀江さんよりいるもん。

堀江さん

0.003%と0.006%の違いで争われても。

>>堀江さんの腸内フローラの結果は、第1回「今の研究では解明不能!? ホリエモンこと堀江貴文さんの特殊な腸内フローラとは」を >>寺田さんの腸内フローラの結果は、第2回「ホリエ菌を飲めば二日酔いもバッチリ!?」をご覧ください。

寺田さん

でも倍やし。これが多いとなんで美容にいいんですか?

森田教授

エクオールが多いと美容によいと言われていますが、このエクオールは腸内細菌が作ってくれているんです。よく「大豆イソフラボン」や「イソフラボンを摂りましょう」なんて耳にすると思いますが、身体に直接効くのはエクオールで、腸内細菌がイソフラボンをエクオールに変換してくれるんです。

寺田さん

ということは、豆乳をどれだけ飲んでも、エクオール産生菌がない人には意味が無い?

田口さん

しかも、このエクオール産生菌は、日本人の半分くらいしか持っていません。

寺田さん

じゃあ、豆乳飲んでいても半分位の人しか美肌効果にあやかれてないんですね。

森田教授

イソフラボンとしても少しは吸収されているようですので、飲んで効果が0とまでは言えないですが、効率は良くないかもしれません。

寺田さん

私は美肌になりやすいってことですか?

田口さん

堀江さんの2倍なりやすいってことですね。

だったら、アルコール耐性のあるビフィズス菌を作ればいい!?

堀江さん

今回の結果をうけて具体的には何をしたらいいですか?

森田教授

堀江さんの場合は、やはりビフィズス菌を増やしたいですね。ビフィズス菌を増やすには一般的に食物繊維を食べるのが良いですが、事前に答えてもらったアンケートを見るに堀江さんは既に食物繊維とっていらっしゃる。食事バランスが良いとなると、次に考えられる原因は、お酒でしょうか?

堀江さん

お酒ですね。完全に。

寺田さん

お酒を飲むとビフィズス菌が減るんですか?

森田教授

実際にそうなのかはわからないんですが、堀江さんは、食事に問題がなく、ストレスもなく精神的にも満たされていそう、さらに、運動もされている……。

寺田さん

タバコも吸わないですもんね。

森田教授

となると、残るは……。

堀江さん

アルコールですよね。納得感あります。……アルコール耐性菌が残っているんですよ。

田口さん

アルコールをたくさん飲む人から検体をもらえて分析したら、それが立証できるかもしれませんね。

森田教授

実は、既にアルコール中毒症の方の腸内フローラは分かっていますので、比較してみたら面白いかもしれませんね。

堀江さん

(アルコール中毒症の方は)どんな腸内フローラなんですか?

森田教授

アルコールを分解する菌の比率がすごく多いですね。アルコール中毒症で日常生活や仕事にも支障があると診断された方々ですので、正常な腸内フローラではないですね。

寺田さん

堀江さんはその腸内フローラにちか……。

堀江さん

近くない近くない。日常生活できてるから。

寺田さん

いやびっくりした。笑 私はどうしたらいいですか?

森田教授

寺田さんへのアドバイスは特にはなくて、今の状態が維持できればいいと思います。

寺田さん

じゃあ、食生活も変えなくていい?

森田教授

ただ、運動されてないですよね?

寺田さん

はい。

森田教授

敢えて言えば、運動でしょうかね。

寺田さん

確かに定期的な運動はしてないんですが、舞台になれば結構動きますし、ライブで歌も歌っているので身体は使っているかなと。……運動はしてないんですが。

森田教授

なるほど。では、なおさら今の状態を保てれば良いかと。

堀江さん

腸内フローラは、結果が分かっても、変わらないから、どうしようもないんですよね?

森田教授

いや、それがそうでもありません。日常生活を変えれば、数日〜数週間単位で腸内フローラが変動しますので、結果もすぐ変わると思います。

堀江さん

なるほど。じゃあ、逆に今の状態だとどんな悪いことがあるんですか?

森田教授

気になるのは病気ですね。腸内フローラが悪いことでどんな病気が引き起こされるかは分かっていませんが、研究報告もたくさん増えていますので、次第に病気との関係も分かってくると思います。 現状の能力未知というのも、我々が今まだ知らないだけですから、この中に良い菌がいるかもしれません。原状言えることは、今、能力が分かっている良い菌は少ない、ということですね。

堀江さん

ビフィズス菌を飲んだりすれば?

寺田さん

いやいや、お酒をやめて、ビフィズス菌を飲む、でしょう。

堀江さん

なんでお酒をやめないといけないの。

寺田さん

お酒やめないと能力未知ががんばっちゃうので。そうですよね?

森田教授

いっそ、アルコール耐性のビフィズス菌を作ってしまう……。

寺田さん

そんなことできるんですか?

堀江さん

できなくはないでしょうね。
ADバナー・痩せ菌チェック・腸内フローラ検査

>> 第4回「ウンログは便秘マーケットで黒字化すべき!?