自宅の水道でおいしい水を飲むだけで腸活!?お得な特典情報あり

クレオパトラも愛した野菜の王様モロヘイヤが便秘に効く

ご存知ですか?最近、どこのスーパーでもみかけるモロヘイヤは、便秘解消に効果があるんですよ!

今回は、モロヘイヤの便秘解消効果をご紹介します。

クレオパトラも食べていた、モロヘイヤ

PROKOPEVA IRINA/Shutterstock.com
モロヘイヤは、エジプトを中心とする中近東で栽培され、高温・乾燥地帯といった過酷な環境でも育つ野菜です。日本では、1980年代から栽培が始められ、高温多湿の日本でもよく育ちます。

モロヘイヤは、その葉や若い茎だけを食用にします。

絶世の美女と名高いクレオパトラも好んで食べていたといわれるモロヘイヤは、とても栄養価が高く、どんな薬も効かない難病を患った王様が「モロヘイヤ入りのスープ」を食べたら、治ったと伝えられています。

モロヘイヤという名前は、アラビア語で「王様の野菜」という「ムルキーヤ」が語源となっています。

モロヘイヤのココが便秘に効くんです

Hawk777/Shutterstock.com
モロヘイヤは、栄養価がとても高い緑黄色野菜です。

食物繊維をはじめ、体内に入るとビタミンAに変化するカロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、さらに、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富に含みます。

  • カロチンは、にんじんの約1.5倍、ほうれん草の約3.5倍と多く含み、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあります。最近では、ガンの予防や老化の予防効果もあるといわれています。
  • ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーとして利用する際に必要なビタミンです。
    ビタミンB2は、脂肪をエネルギーとして利用する際に必要なビタミンで、コレステロールの低下作用や血液凝固作用を正常に保つ働きもあります。
  • ビタミンCは、シミやソバカスを防ぐ働きがあります。
  • カリウムは、高血圧防止、カルシウムは、骨や歯を丈夫にし、鉄は、貧血予防になります。


  • 特に、便秘解消に役立つのは、「食物繊維」です。

    モロヘイヤに含まれる食物繊維は、腸で水分を吸収して大きく膨らみ、便のかさを増やして腸を刺激し、ぜん動運動を促し便通をよくします。 また、水分をたくさん吸収するため、便に水分を含ませ排便しやすくします。

    モロヘイヤは、栄養価が高く、便秘も解消する万能野菜ですね。

おいしく食べる方法、教えます

Lenushkab/Shutterstock.com
モロヘイヤは、茎が手で折れる、葉の長さが5~6cmくらいで、濃緑色でハリのある新鮮なものを選びましょう。葉先や切り口が黒っぽくなっているのは新鮮ではありません。

モロヘイヤは、ゆでたり、炒めたり、スープに入れたりと、他の青菜と同じように簡単に調理ができます。

ゆでるとネバネバが出るので、お浸しや納豆、オクラなどと一緒に和えてもおいしいです。

簡単で栄養にもよい食べ方として、お豆腐のお味噌汁にモロヘイヤを入れます。

大豆のイソフラボンでお肌にもよく、腸も元気になって、一石二鳥です。

モロヘイヤは、冷凍保存もできます。

保存する場合は、生葉のままなら、葉だけを摘んで冷水に浸した後、水気をとって密封容器で冷蔵庫の野菜室へ、または冷凍庫へ保存しましょう。

ゆでる場合は、さっとゆでて水気をとり、ラップに包んで冷凍庫へ保存します。その際、カットしておくと後で調理しやすいですね。

モロヘイヤを調理する際の注意点として、 モロヘイヤには、ほうれん草と同じように「シュウ酸」が含まれていますので、ゆでた後、水にさらして、アク抜きをしましょう。シュウ酸の取りすぎは、腎臓結石の原因となります。

ただし、ゆでたり、炒めたりするとビタミンCは流れてしまうため、手早く調理しましょう。

まとめ

モロヘイヤは、栄養価がとても高いだけでなく、便秘解消にも効果のあるスーパー緑黄色野菜です。

栄養が偏りがちな現代人には、とてもうれしい食材ですね。
この著者の他の記事を読む