全粒粉パスタで“腸”嬉しい!春キャベツのペペロンチーノ♪

2019-04-30
リンク

全粒粉パスタを使用すると、それだけで食物繊維量UPして“腸”嬉しい♪

連載「しおりのでるでるクッキング 」

記事一覧をみる

材料(1人前)

キャベツ 80g
乾燥-全粒粉パスタ 100g
アンチョビ 1切
にんにく 1片
鷹の爪 1本
オリーブ油 大さじ2
パスタの表示に合わせる
パスタの茹で汁 おたま1杯弱

作り方

  • キャベツを大きめのざく切りにし、アンチョビ・にんにくをみじん切り、鷹の爪の種をとり輪切りにする。
  • パスタを表示通りに茹でる。このとき、表示の茹で時間より1分早めにお湯からあげる。
  • パスタを茹でた鍋を使用し、キャベツを30秒ほどサッと茹で、水気をしっかり切っておく。
    パスタの茹であがり30秒前に、キャベツを入れてもOK。
  • フライパンにオリーブ油、にんにく、鷹の爪を加えて、中火で加熱する。オイルから泡が出てきたら、弱火にし、アンチョビを加える。
  • にんにくがキツネ色になったら、茹で汁を加え、中火にする。
  • 乳化してきたら、水気を切ったパスタ、キャベツを加え、よく混ぜ合わせる。

全粒粉パスタとは、小麦の表皮・胚芽・胚乳をすべて粉にして作られています。通常のパスタより、栄養価が高いのが特徴です。

なかでも、食物繊維ビタミンB1が豊富なので“腸”嬉しい食材♪

分かりやすくいうと、白米(通常のパスタ)か玄米(全粒粉パスタ)か。

ぜひ、使用してみてくださいね!

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る