自宅の水道でおいしい水を飲むだけで腸活!?お得な特典情報あり

ノンオイル調理で“腸”ヘルシー♪まるごとインゲンの肉巻き

オクラでも、アスパラガスでも作れます♪

材料(4人前)

さやいんげん 1袋(16本ほど)
豚ももスライス 16枚程度
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ2
大さじ2
砂糖 大さじ1

作り方

  • さやいんげんの筋とヘタをとったら、塩をふりかけ、まな板のうえで板ずりをする。
  • 鍋にたっぷりの湯を沸かし、さやいんげんを1分ほど茹で、流水で冷やす。
  • 水気をきったさやいんげんに、豚肉スライスを巻きつける。
  • 大きめのフライパンに調味料を入れ、中火で加熱、沸騰したら③を加えて蓋をする。
  • 豚肉の色が変わってきたら、蓋をとり、転がしながら加熱する。水分が半分以上とんだら、火を止める。

豚肉は、モモやロースなどの赤身肉を選びましょう。低脂質なので、エネルギーの過剰摂取を防げます。

 

 

注意すべきは、豚バラ肉!!

 

 

豚バラ肉は、ジューシーで美味しいですが、サラダ油などと同じ「油脂類」に分類されます。動物性脂肪のとりすぎは、腸内環境のバランスを崩す恐れがあるので、脂肪分の少ない赤身肉を選ぶようにしましょうね^^

 

 

また、さやいんげんは、水に溶けない「不溶性食物繊維」が豊富なので、うんちのカサを増す働きが期待できます。

この著者の他の記事を読む