今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

腸内細菌とストレス解消成分「GABA」の関係

ストレスに効果があると話題の「GABA」ですが、いったい、「GABA」って何なのでしょうか? どのようにストレスに効果があるのでしょうか? GABAの健康効果とその作用メカニズムについてご紹介します。

近ごろ話題のGABAってどんなもの?

greanggrai hommalai/Shutterstock.com
GABAとは、γ-アミノ酪酸(Gamma -Amino butyric acid )が正式名称で、この英語名の頭文字をとって「GABA(ギャバ)」といいます。 GABAは、天然に存在するアミノ酸の一種で、多くの食材に含まれています。 ストレスを緩和し、リラックスさせる効果があると話題のGABAですが、その他にもさまざまな健康効果があることがわかっています。 さらに、ヒトの体内でも生産されて、脳や脊髄などの中枢神経に特に多く存在し、抑制系の神経伝達物質として働いています。 すなわち、興奮した神経を落ち着かせ、ストレスを緩和します。 ヒトの体内で睡眠中にグルタミン酸から必要十分な量が作られるGABAですが、ヒトがストレスにさらされると大量に消費されます。 そして、加齢により体内の生産量は減少します。

現代人にうれしいGABAの効能

g-stockstudio/Shutterstock.com

抗ストレス作用

GABAは、神経の興奮を抑制する神経伝達物質として働くため、運動時やストレスがかかったときの神経の興奮状態を抑え、リラックスさせます。

不眠解消作用

GABAがグルタミン酸やドーパミンといった興奮系の神経伝達物質の分泌を抑え、神経が高ぶって眠れない状態を解消します。

血圧を下げる作用

GABAは、血管を収縮させるノルアドレナリンという神経伝達物質の分泌を抑える作用、血管の運動神経に働き血管を拡げる作用をもち、腎臓の働きをよくし利尿効果を高めて、余分な塩分の排泄を促し、血圧を下げます。 また、GABAは、正常血圧を下げること無く、高血圧に対してのみ作用することがわかっています。

血中のコレステロールや中性脂肪を抑える作用

GABAには、内臓の働きを活性化する作用もあり、消費エネルギーを上げます。さらに、血中のコレステロールや中性脂肪の増加を抑え、脂質の代謝を促します。

脳細胞を活性化する作用

GABAは、脳の血流を良くし、脳内の酸素量を増やすことで、脳細胞を活性化し、脳の働きを高めます。 GABAは、この脳の働きを高める作用により、頭痛や耳鳴、記憶障害、睡眠障害、意欲低下などに適応のある医療用医薬品としても承認されています。

腸で吸収されたGABAは脳まで届かない??

Andrii Vodolazhskyi/Shutterstock.com
GABAは、ストレスの多い現代社会に生きる私たちにとって、とても重要ですね。 ただ、脳には、外部からの有害物質から脳を守るために、血液中の物質を容易に脳に通さない「血液脳関門」と呼ばれるシステムがあり、食品やサプリで摂取したGABAは、脳まで届かないといわれています。 しかし、GABAを摂取することによる前述した抗ストレス、リラックス効果や脳の働きを高める効果を示すデータは、確かに存在しています。 では、いったいどのように効果を発揮しているのでしょうか?

GABAが正しく効果を発揮するために重要なのが腸内細菌

nenetus / Shutterstock.com
脳の記憶に関わる「海馬」好き嫌いを決める「扁桃体」という部位には、GABA受容体(GABAがくっつくと信号を伝える細胞)がありますが、腸内にもこのGABA受容体があります。 摂取したGABAは、腸のGABA受容体にくっついて、その信号が脳と腸を繋ぐ中枢神経を伝わって脳まで届き、脳内のGABAの生産量を増やし、効果を示すと考えられています。 そして、この機序に腸内細菌が関与しているといわれています。 腸内細菌の関与を示唆するマウスによる実験報告をご紹介します。 乳酸菌(L. rhamnosus JB-1株)が、マウスの迷走神経系を刺激し、脳内のGABA受容体の産生量を変化させると報告されています。しかし、腸と脳を繋ぐ神経を切断したマウスでは、脳内のGABA受容体は活性化されませんでした。 さらに、腸内細菌を持たない無菌マウスでは、脳の記憶に関わる海馬の遺伝子が活性化されず、行動面でも不安行動が見られました。 この無菌マウスに腸内細菌を移植すると、行動的になったと報告されています。 これらの結果から、腸内細菌が腸と脳の相互の連絡に重要な役割をしていると考えられます。 また、腸内環境をよい状態を保つことは、精神の安定に繋がるといわれています。 したがって、腸内環境がよい状態に保たれていると腸にあるGABA受容体が正しく機能します。その結果、中枢神経を介して脳内でもGABA受容体が活性化し、ストレスに対するリラックス効果が高まると考えられます。

まとめ

GABAには、ストレスを緩和し、リラックスさせる効果や不眠解消、血圧を下げる、血中コレステロールや中性脂肪を抑える、脳の血流を良くし、脳内の際素量を増やして、細胞を活性化する効果があります。 経口摂取したGABAは、腸内のGABA受容体に結合し、中枢神経を介して信号が伝わり、脳内のGABAの生産量を増やして、効果を発揮します。 腸から脳への神経を介した刺激伝達には、腸内細菌が重要な役割をしています。 したがって、腸内環境をよい状態に保つことが、GABAが正しく効果を発揮するのに重要です。
この著者の他の記事を読む