今だけ62%OFFクーポンあり!新チャレンジ開催中

みんなどうしてる? 通勤電車で急にお腹が痛くなったとき

満員電車で嫌な予感! どうしたらいいの?

満員電車で嫌な予感! どうしたらいいの?
Matej Kastelic / Shutterstock.com

満員電車などすぐにはトイレに行けない状況で、便意が急に襲ってきたことは、誰でも一度は経験があるはず。今回は、満員電車や試験中などトイレに行けない状況で、下痢の症状が出たときの対応方法について紹介します。いくつかの方法を知っておくと、もしものとき役立つかもしれません。

知っておきたい、下痢に効くツボは…

知っておきたい、下痢に効くツボは…
Philmoto/ Shutterstock.com

急な下痢に襲われたけれど、すぐにトイレへ駆け込むのが難しいとき、まず試したいのが「ツボ押し」です。東洋医学が由来となっているツボ押しは、内臓のトラブルが皮膚表面に現れると考え、その現れた部分=ツボを押すことで内臓にアプローチするというもの。ツボ押しの効果に疑問がある方も多いと思いますが、ツボ押しは科学的にも実証されてきており、WHOも一定の治療効果を認めています。

電車の中でも押しやすい! 下痢に効果のある3つのツボ

下痢になったときに試したいツボを以下に挙げます。症状のあるツボを押すことで、痛みを感じることもあります。

下痢点(げりてん)

下痢点(げりてん)
Andrei Shumskiy / Shutterstock.com を元に改変

下痢に効果のあるツボの中に、その名も「下痢点」というツボが手にあります。下痢点の場所は、手の甲の中指と薬指の骨が交差するところにあります。

合谷(ごうごく)

合谷(ごうごく)
Andrei Shumskiy / Shutterstock.com を元に改変

「合谷」は万能のツボと言われており、下痢にも効果があるとされます。手の甲の親指と人差し指の骨が交差する所にあります。痛みの感覚をマヒさせる効果もあるので、腹痛を和らげる効果も期待できます。

大椎(だいつい)

大椎(だいつい)
Piotr Marcinski / Shutterstock.com を元に改変

「大椎」は、自律神経を整える働きがあります。首を前方に曲げたときに現れる、盛りあがった背骨の下のくぼみ部分です。ツボ押しだけでなく、温かいシャワーをかけるなど温熱療法も効果的です。

※ツボ押しの効果については、個人差があります。

温めてゆっくり腹式呼吸! あとはとにかく気をそらす

温めてゆっくり腹式呼吸! あとはとにかく気をそらす
Piotr Marcinski/ Shutterstock.com

身体の冷えが原因で下痢が起こることがあります。これは、水分を排出することで、体を温めようとする、身体の防御反応の一つとされています。そのため、下痢の症状に襲われたときは、お腹を温めてゆっくり腹式呼吸をしてみるのも効果的。特に、お臍の左右にある「天枢(てんすう)」は胃腸を整える効果があるので、一緒に指圧も行ってみましょう。

・それでも駄目なときは!

便意を我慢すると、いつの間にかウンチをしたくなくなることがあります、体積の多い下痢は、強い便意ですが、どうしてもトイレに行けない場合は、何か他のことを考えてみましょう!考えることは、楽しいことやリラックスすることがおすすめ。妄想で、便意を和らげてみてください。トイレはもうすぐそこですよ!

繰り返すその下痢、過敏性腸症候群(IBS)かも

繰り返すその下痢、過敏性腸症候群(IBS)かも
Rawpixel.com/ Shutterstock.com

食あたりや冷えなど色々な原因がある下痢。でも、もし、あなたがトイレに行けない満員電車や会議、試験や面接など、ここぞというときに下痢になることは多いのなら、「IBS」が原因かもしれません。IBSは「過敏性腸症候群」とも言われおり、ストレスなどにより下痢や便秘を繰り返す大腸の病気の一つです。

・あなたはIBS? まずはチェック

  • 緊張すると、お腹が痛くなり、トイレへ行きたくなる。
  • 学校や仕事がない休日は症状が出ない。
  • トイレで排便した後、腹痛が和らぐ。
  • 普段から便秘気味、または下痢気味である。
  • 便秘と下痢を繰り返している。
  • 1週間に3回以上の下痢がある。
  • お腹の不調が一か月以上続いている。
  • ガスがたまりやすく、お腹がよく張る。

上記の項目に3つ以上当てはまる場合、あなたはIBSかもしれません。まずは病院へ受診して、専門治療を受けることをおすすめします。

まとめ

突然の下痢に襲われても、満員電車など、すぐにトイレへ駆け込めない場合があります。下痢などの大腸のトラブルは、日頃の生活習慣を整えるのが大切ですが、もしもの時のための対応を知って、安心に過ごしたいですね。

この著者の他の記事を読む