自宅の水道でおいしい水を飲むだけで腸活!?お得な特典情報あり

脳と腸は影響しあっている! ~過敏性大腸症候群の最新研究~

ストレスフルな現代において、増加している過敏性腸症候群 (IBS)はまさに現代病といえます。IBS が心理的異常にも深くかかわっていることが近年の研究で明らかになっています。この記事ではIBS についてや、IBSの最新トピックを紹介します。

程度の差はあれ、10 人に 1 人が抱える現代病

John T Takai/ Shutterstock.com
IBS は、レントゲンや内視鏡などの検査で肉眼的には腸の異常がないのにかかわらず、下痢や便秘を繰り返したり、腹痛やお腹の不快感が現れる症候群です。

また、ストレスやトラウマなど精神的要素がIBSの原因に関係があるとされ、症状にうつなど精神症状が現われることも。IBSはトイレに行けばいったん症状が治まりますが、排便のコントロールが難しいことから、日常生活に支障がでることもあります。

現在の日本の過敏性腸症候群(IBS)の 有病率が 10%というデータがあります。これは自覚していない人も含めて 10 人に 1 人がIBSにかかっているという計算に。

しかし残念ながら、現時点でIBSは完治することが難しいとされています。そのため、薬や精神療法を使いながら症状をコントロールし、上手に付き合っていくことが大切になります。

若い人に多い IBS  大学生では約 2 割との報告

Creativa Images/ Shutterstock.com
先進国で増えているIBSは、若い世代ではさらに割合が高くなっていることを示す調査結果も出ています。国内の大学生1663人を対象に行ったアンケート調査では、2割の学生にIBSの症状がみられました。これは日本人全体のIBS患者数割合と比べると2倍に当たります。

特にIBSの症状がある学生では、症状のない学生に比べて、学校生活への不安が1.6倍、就職への不安が2.2倍高いことが分かりました。特に、学校生活への不安では下痢型のIBSが多く、就職への不安では分類不能となるIBSが多くみられたそうです。

今回の研究の調査対象は、学生生活への不安だけでなく、就職活動など将来への不安を抱えやすい大学生。学校だけでなく、学生におかれている社会環境が心のストレスとなり、IBSとなるきっかけを作っているともいえます。 IBSの年齢層によりストレスの内容が異なりますが、今後何らかの支援対策も必要になるかもしれません。

脳と消化器官の働きはつながっていた

chombosan/ Shutterstock.com
ストレスを感じるとお腹を下す人がいるように、昔から腸と脳には相関関係があることが指摘されてきました。

実際にストレスが長く続くと、腸粘膜のバリア機能に影響を及ぼし、細菌が入りこみやすくなることで、腸に炎症を起こしやすくなります。この変化は腸の神経の集まりにも影響を与えるので、腸の動きが過敏になる原因にもなるそう。

また、IBSを知るうえでポイントとなるのが「セロトニン」です。

一般に全体の2%を占める脳のセロトニンは精神を安定させる作用がありますが、腸で作られる90%のセロトニンは、腸の動きを促進することで消化を助ける働きがあります。脳がストレスを感じると、腸のセロトニンの分泌が増えますが、ストレスが大きいと分泌過多になり腸が過敏になり、IBSの原因になってしまうことも。心理的ストレスと腸の異常のどちらが先にしろ、腸と脳は細胞レベルで密接につながっているのです。

頭痛と IBS には遺伝子的共通点がある?

nasirkhan/ Shutterstock.com
IBS患者は頭痛を併発することがありますが、脳のセロトニン不足や自律神経の失調が原因ではないかとされていました。

トルコのイスタンブール大学の研究では、頭痛と IBS の関連についての研究があります。調査結果では、緊張性頭痛持ちの人では28%が、また突発性偏頭痛持ちの人では54%の人にIBSが見られたそうです。さらに、これらの患者の遺伝子を調べてみると、セロトニンの伝達にかかわる遺伝子や、受容体遺伝子のうち少なくとも1つが健常者と異なっていたとか。

やはり、IBSにはセロトニンが大きくかかわっている可能性が高そうです。今までもIBSでは精神的要因との関連が指摘されてきましたが、頭痛とIBSにかかわる共通の遺伝子が見つかれば、今後の治療に大きな期待ができるでしょう。

まとめ

日本でも身近な健康問題となりつつあるIBSは、薬や精神療法など症状のコントロールを目的とした治療法が主流となっています。

しかし、近年IBSに関する研究は世界各地で行われており、新たな発見が治療法に影響を与えることもあるかもしれません。最新のIBSニュースに注目しつつ、ストレスの緩和や腸内環境を整えて、IBSの症状を改善していきましょう。

参考文献

参考サイト

  • https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150625-OYTEW52744/http://www.jmedj.co.jp/article/detail.php?article_id=21890
  • http://kenkounews.rotala-wallichii.com/headache_ibs_genetically-linked/
この著者の他の記事を読む