腸活おつまみに♪ピリ辛!牡蠣のキムチ漬け

2019-01-22
リンク

今が旬の牡蠣は栄養価が高く、「海のミルク」と呼ばれています。生で食べたり、焼いたり、揚げたり、どんな食べ方でも美味しいですよね。

今夜は牡蠣と発酵食品と合わせ、カラダが喜ぶ“腸活おつまみ”にしてはいかがでしょうか。

連載「しおりのでるでるクッキング 」

記事一覧をみる

材料(2人前)

牡蠣 1パック(130g程度)
発酵キムチ 100g
コチュジャン 小さじ2
醤油 小さじ1
ごま油(なくてもOK 小さじ2
大葉などの薬味 お好みで
牡蠣の下処理用
小さじ1〜
片栗粉 小さじ1〜

作り方

  • ボウルに牡蠣・片栗粉・塩を入れ、優しく混ぜる。その後、牡蠣の汚れが落ちるまで水で優しく洗う。
  • 鍋にお湯を沸かし、牡蠣を2分程度ゆでたら、冷水にとる。その後、キッチンペーパーで牡蠣の水気をしっかりとっておく。
  • 細かく刻んだキムチに、あらかじめ混ぜ合わせておいたコチュジャン・醤油を加えてなじませる。
  • フリーザーバッグに、②の牡蠣・③のキムチ、ごま油を入れて一晩冷蔵庫で冷やす。
  • お好みで刻んだ大葉をかけて召し上がれ!

牡蠣は、亜鉛や鉄、ビタミンB12、アミノ酸などの栄養素が豊富!特に、亜鉛には新陳代謝や免疫反応など、身体の様々な働きのサポートをしてくれます。

牡蠣が出回る季節(11~4月/7~9月)は、積極的に食べたいですね。

 

発酵食品であるキムチと合わせると、乳酸菌もとれるので“腸”ハッピー♪

また、牡蠣キムチに合わせるイチオシの薬味は大葉です。試してみて下さいね!

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る